新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

Five-foot-wayの表情そしてブギスを離れる@ひとつの街でいくつも美味しいシンガポール⑰

Five-foot-wayとはショップハウス独特の屋根付き歩行者用通路の事です。 5foot≒1.5mのこの通路は日差しが強くスコールもあるシンガポールなどの 熱帯モンスーン気候に属する国ならではですね。 アーケードのごくごく小規模な歩行者専用通路で米語はpedestrian path、ブリティッシュ英語はfootway(またはpavement) 面白いのはシンガポールの地下鉄などでのアナウンスはブリティッシュにかなり近い英語でしたがfive-foot-wayに「pedestrian path」と書かれていました~

日本でも雪国などで雁木造りがありますが街並みに豊かな表情を持たせています。 シンガポールではショップハウスが並ぶ様々なエリアで表情は違い観光客である私を楽しませてくれました。

ラッフルズホテルの5フットウェイ。アールデコ調の照明が白で統一された 屋根や柱に上品さを加わえていますね💗

こちらはアラブストリートの有名レストラン「ZAM ZAM」がある5フットウエイ。

ムルタバ(マルタバとも)が有名でムルタバはピデのインドネシア版て感じ。 ピデっていうのはトルコのピザ。 昨年、イスタンブールでピデを食べましたが素朴で美味しいですよね~ ムルタバはこのピデをラザニアのように重ねたものです。 下の写真は昨年食べたビデね~

素朴な5フットウエイ( *´艸`)

アジアっぽくない煉瓦仕様~

笹が涼やかなニュアンスを与えていい感じ・・・

さて~翌日の帰国を前にブギスからチャンギビレッジに移動しました。 フライトが朝の6:35分なので空港近くの方が安心かな~と。 チャンギビレッジまでの足MRTは無くバスを使うと1時間くらいかかるみたい👎 なのでuber(ウーバー)を使おうと考えていたのですが東南アジアにはuberの様な配車サービスである「Grab taxi(グラブ)」を知りプロモーションコードを入力すれば初回確か・・・$10程安くなるので現地でアプリをダウンロードして利用する事にしました。 私はログインするのに一から入力が面倒なのでGoogleアカウントでログインすると簡単、簡単。 簡単なんだけど初回なのにプロモーションコード入力画面が現れず、色々触って入力画面に辿り着き入力すると既にそのプロモーションコードは使えないと!!! 詐欺じゃ~ん🤬

これではダウンロードの手間やクレジットカード入力の手間を考えるとuberを使えばよかったよ。 Grabは利用した分の引き落としではなく、あらかじめチャージをする方式。 確か・・・$20から設定できるんだったと思う。最低の$20チャージしました。

uberの場合は利用金額に応じて登録カードから引き落とされるのですが、 現地で頻繁に利用する方以外はGrabの方式はどうなのかな?

チャージもしてしまったので配車してもらいました。これもuberと同じでスマホに 表示されたマップで行先を指定し近くにいる車両が表示されますから、最短で迎えに来れるドライバー、車両を選び、もっとも料金が安くなるシェアを選択しました。 シェアとは相乗りです。 画面には6分で到着と示されましたが待てど暮らせど車両は来ない・・・ マップを確認すると現在地からどんどん遠ざかり画面には「相乗りするお客様をピックアップしています」と表示されるけれど、ずーっとその表示は変わらない。 20分たっても来ないしマップを見るとその車は同じところをグルグル回ってるの😒 予定到着時間は短くなったり長くなったり・・・ さすがにおかしいと思いドライバーに電話を入れてみた(アプリからドライバーに直接電話できます)ドライバーに電話は極力したくないんだよな~今までの経験で。。。何故ならドライバーで分りやすい綺麗な英語を話す方に当たった事がないので。電話を通してだから尚更コミュニケーションに支障がでるでしょ??? やはり相当、こちらに英語能力に問題があるとしても、分かり難い。 ドライバーの言い分は「今、同乗者を探してる、あと30分はかかるのでキャンセルしても良い」と・・・えーーーーーっ!そんな~あり得ないよ~激おこ🤬 私はとにかく待っているから出来る限り早く来て!と言って電話を切りましたが、 その直後、ドライバー側から勝手にキャンセルされた!!! おまけに$20のチャージから$15ほど引かれてる!!!

ここでuberアプリはあるのでuberを使いたいところだけれどチャージしているので$5でも勿体ないじゃない?なので違うGrabのドライバーを探し、安全を期してシェアではない方法を選択、ドライバーは直ぐに来ましたが、結局は30分以上ロスしたんだよ~┐(´д`)┌ 新しいドライバーが到着する直前に引き落とされたチャージが元の$20に戻っていて良かったよ~ ロスでliftというやはりアプリでの配車サービスを使ったけれど、こんな経験はグラブが初めて。

チャンギビレッジまでの運賃はチャージ金額と同じ$20でした。ピッタリで良かった~って・・・安いのコレ⁉ タクシーだと道路の込み具合にもよるけれど$30前後らしい・・・らしいとしか言えないね~チャンギ空港から中心部までが$30~$50なのでそれくらいかな~と。 アメリカなどではuberやliftの車両の方が断然、高級で綺麗だけれどシンガポールでは タクシーの方が綺麗な車両でした。Grabはごく一般的な一般人が使う高級じゃない車両。uber、 lift は配車される車両の車種と色が表示されるけれどGrabは車両の色は表示されないから少し不便ね。

ブギスを離れる前にブギスのスイーツ~ この色鮮やかな食べ物はブギスジャンクションにもある「ブンガワンソロ」で買った マレー系のスイーツ&エッグタルト。 エッグタルト以外は全部、もち米&ココナッツを使用しておりモチモチして好き~ 子供の頃好きだった「すあま」に似ているのが赤、白、緑が何層にもなった物。 どれも美味しいよ~

こちらは香港が本店の「Honeymoon Dessert」やはりブギスジャンクションにも店舗がありテイクアウトしてお部屋で食べたの。奥の黒く見える物はココナッツの氷に黒い雑穀で出来たオハギのお餅のようで美味しいですよ~ アジアはこのようなスイーツが多いですね~

やはりブギスのホテル近くに超有名な「Ah Chew Dessert 阿秋甜品」というスイーツ店があり(すぐ上のスイーツっぽい広東系のお店)夜、行きましたが10時を過ぎているというのに行列が長くてあきら名店・・・深夜2時まで営業しているの。 さすがに若者じゃないから深夜に出かける気力はなかったよ・・・ という事で次回は場所を移してチャンギビレッジの様子を!!!