新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

振り返りハノイへGO!混沌の旧市街と優雅なインターコンチネンタル・ハノイ・ウエストレイク編

ハノイを実際に訪れる前に持っていたイメージは「フランスの植民地だったのでフランス風コロニアルの雰囲気に溢れている街」でした。

確かにコロニアル風の建物が残っているホーチミン陵近辺などは優雅なカフェやレストランも多くイメージ通りだと思いました。

けれど、私の心を惹きつけたのは混沌の旧市街。 バイクは多いし空気は汚いし衛生状態の良くない路面店と時代を遡ったようなローカルの人々。

ローカルと表現すると素朴なイメージがありますが、ただ素朴な人々というイメージだけではベトナム旅行に落胆する人もいるかもしれません。

例えばタクシーなどのボッタくりが非常に多い事やスリ、カードのスキミングなどにもかなり注意しなければならない、お土地柄です。 もちろん、どこの国でもそうですが私の場合「ベトナム人は日本人と似ている気質」という都市伝説を信じていたので、旅行前に色々調べて意外に感じたものでした。

因みにハノイではTwitterに規制がかかっているようで繋がりませんし、ネットのセキュリティーなども怪しいと感じる事がありました。

今回、ご紹介するインターコンチに宿泊し、クラブラウンジ付きの予約だったのでラウンジのビジネスブースでPCを使いYahooでメールをチェックし帰国後、Yahooメールが迷惑メールだらけになりメルアドを変更しなければならない事態となったのです😰

一流ホテルのそれもラウンジ内という事でしたが、安心できないものですね~ どこの国でも、日本でも公共の場のフリーWi-Fiは気を付けなければなりませんね。

ハノイは北に位置するという事が影響しているのか厳しい顔つきのローカルが多いように感じましたが、それでも日本とは違う活気というかエネルギーを感じられたのは不思議な気がします。

その一因として非常に欧米系の観光客が多く、夜市などは夜が更けるまで欧米人で賑わっているという事でした。 確かに、とてもエキゾチックな街なので欧米人を惹きつけるのでしょう。

ハノイ旧市街の風景~

ハノイの旧市街はホーチミン陵とホアンキエム湖の間に位置しています。 11世紀から19世紀までベトナム北部の首都であったハノイはタンロンと呼ばれていて今のホーチミン陵あたりにはタンロン城があったのです。

上の写真を見るだけでは、どこの国にいるの?って感じです。 バックパッカーが非常に多い印象です。

ハノイの街中でよく見られる電線の分けわからない化。電力を不正に使用している人も多そうね・・・

夕方になり仕事を終えた人々が多くなり、バイク軍団が街に溢れます。

街歩きが好きな人にとっては、とても魅力的な旅行先だと思います。

喧騒から逃れてインターコンチネンタル・ハノイ・ウエストレイクへ。

ハノイのカオスが魅力的に感じられ、なかなか個人的には気に入りましたが、それでも疲れる💦 長くとどまる所では無いのかもしれない私にとっては。 ハノイでビジネスに関わる外国人が多く住むウエストレイクのインターコンチネンタル・ハノイに移動して心底、安心しました。

同じハノイとは思えない西湖周辺の住宅。

そしてインターコンチネンタル・ハノイ・ウエストレイクへ。

ハノイ・ウエストレイクという名の通りホテル全体が湖上に建てられているようなホテルです。 ただ水質は良くありませんし、写真のようにスモッグで旧市街が霞んで見えます(-_-;) 一見、素敵な水上コテージも1階は夏には避けた方が良さそうです・・・

ハノイの良い所の1つ、物価が安い!!!

なのでインターコンチネンタルもクラブキー付きで予約しました✌ インターコンチネンタルの良さはやはりクラブラウンジを利用してこそですよね~

[caption id="attachment_1117" align="aligncenter" width="653"]ラウンジのウエルカムドリンク インターコンチネンタル・ハノイ・ウエストレイクのラウンジ[/caption]

到着しラウンジに通されまずは泡で喉を潤す事ができるなんて贅沢な時間です。 特に疲れる旧市街から逃れてきたので強く感じました。

お部屋に案内され、この後でアフタヌーンティーもサービスされました。

[caption id="attachment_1116" align="aligncenter" width="653"]アフタヌーンティー インターコンチネンタル・ハノイ・ウエストレイクのラウンジでサービスされたアフタヌーンティー[/caption]

お部屋は落ち着くアジアンテイスト。

絵に描いたような「食っちゃ寝、飲んじゃ寝」の世界。

ラウンジのカクテルタイムも充実しておりました。そしてこのラウンジのカクテルはどれも、これもとても美味しいのです💗

ホテル内のアロマテラピーもかなりリーズナブルでしたし、ルームサービスを頼んでのバルコニーからの夜景を楽しむという優雅な滞在もハノイだからこそできる贅沢です。

ホテルのスタッフのホスピタリティがとても優れていた事を思い出します。特にラウンジのスタッフは、まるでお姫様のように扱ってくれるのでした~

bookingcomでのインターコンチの詳細・予約などはこちらから~

ハノイの人達は厳しい顔つきの人が多いと書きましたが、ホテルやお店などの接客業に関してはそのような事はありませんのでご安心ください(;^_^A

初めてのアジア旅行先だったベトナムハノイ・・・アジアもなかなか興味深いな~と思わせてくれる街でした。

あんなにアジアは避けていたのに、機会があればぜひタイに行ってみたいと今は考えています。

振り返りハノイへGO!ローカルフード編はこちらから~