新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

振り返り南東イングランドの旅ソーホーホテルとゴーリングホテルのアフタヌーンティー。

 

England has always had a history and heritage to be proud of, and bring something new into a tradition.

 

過去の写真を整理していたら2014年に行ったUKの物が数点残っていたのでご紹介しようと思います。 UKは私の好きな国の一つで、なぜ惹きつけられるのか?と考えるとやはり伝統でしょう。 もちろん日本も伝統のある国なのですが温故知新が生かされていないように感じています。 例えばロンドンに足を踏み入れると今から120年前に夏目漱石が受けたようなカルチャーショックが私を襲います。 その国まで足を運ぶ事なしに、あらゆる情報を得られる現代でも、やはり肌では感じます。

昔からあらゆる人種が住む街ですが、それでもなお毅然として「Great Britain」は街を覆っているように感じるのです。 そして伝統だけではなく最先端のトレンドが無理なく溶け込んでいるという事も惹きつけられる一因でしょう。 その様な街を象徴するようなホテルとアフタヌーンティーの振り返り。

 

ユニークなテキスタイルが光る「The Soho Hotel

ロンドンで一番の歓楽街といえばソーホー地区。歴史あるシアターやチャイナタウンにも近く初めてロンドンを訪れるのであれば、この地区の滞在はとてもエキサイティングで交通の便にも困らないでしょう。 その中心に位置する「ザ・ソーホーホテル」は、その様なソーホーを象徴するようなホテルでした。 外観はどっしりとした赤レンガ。しかし建物の中に足を踏み入れると、どこか懐かしさを感じさせるポップなインテリアで91ある部屋は全て違うデザインになっています。

[caption id="attachment_1228" align="aligncenter" width="638"]ソーホーホテル外観 ソーホーホテル外観[/caption]

泊まったお部屋の写真が今現在、これしか見つからない・・・(;^_^A とても広いお部屋で黄色がメインカラーになっていました。この写真はソファーベッドを広げた図です・・・

[caption id="attachment_1240" align="aligncenter" width="500"]ソーホーホテルの部屋 ソーホーホテルの部屋[/caption]

ブログトップ画像はソーホーホテルのダイニングですが、温かみのあるファブリック使いに感心してしまいました。 あらゆるカラーが混在しているのにうるさくなく、落ち着く空間。 朝食にもアフタヌーンティーの様に楽しめるプレートも用意されていて朝からテンションが上がりました。

 

[caption id="attachment_1182" align="aligncenter" width="375"]ソーホーホテルの朝食 ソーホーホテルのアフタヌーンティー仕立ての朝食[/caption]

クラシックなエレベーター内もアート。

 

[caption id="attachment_1226" align="aligncenter" width="375"]ソーホーホテル、エレベーター内の絵 ソーホーホテル、エレベーター内の絵[/caption]

 

このホテルは映画界、演劇界、音楽界のアーティストも利用するホテルでムービーシアターも完備しているので新作映画の試写会も行われます。 スタッフもフレンドリーで親切。欠点を上げるとすればお部屋からの眺望が素晴らしいとはとても言えない、価格が高いという事でしょうか・・・

ソーホーホテル・ロンドンの詳しい情報と予約はここで~す!

 

アフタヌーンティーとは、こういう場所で行うものの典型だと思う ゴーリングホテル。

 

UKの伝統、行ったら是非と思うアクティビティにアフタヌーンティーがあると思う。 (少なくとも私はね!)

ゴーリングホテルでのアフタヌーンティーは、全くもって「アフタヌーンティーとは、こうあるべき」と感じさせる満足度100%の経験でした。

「The Goring」はゴーリング家によって100年もの間、ホスピタリティが受け継がれている歴史と伝統のホテル。 世界にチェーンを持つ5星ホテルとは一線を画す気品と温かさが溢れています。 フロックコートのドアマンもチャーミングで、高級ホテルなのに我が家の様に寛げるそんなアフタヌーンティーなので、常にトップの人気を誇っています。

[caption id="attachment_1183" align="aligncenter" width="294"]ゴーリングホテルのアフタヌーンティー 陽光が降り注ぐテラスに続くお部屋でアフタヌーンティー[/caption]

ジェームズボンドの愛するシャンパン「ボランジェ」と共にストロベリー・クリームというのが英国その物。

テニスのウインブルドンでもストロベリー・クリームはお馴染みですね!

[caption id="attachment_1184" align="aligncenter" width="551"]シャンパンと苺シャンテ シャンパンと苺シャンテ[/caption]

そして、ここの特徴の一つ、甘いデザートの前に蟹のムースが運ばれてくるのですが、 これがとても美味しい😍

[caption id="attachment_1185" align="aligncenter" width="375"]蟹のムース 蟹のムース[/caption]

 

そして三段トレー。

 

[caption id="attachment_1186" align="aligncenter" width="375"]アフタヌーンティー3段トレー アフタヌーンティー3段トレー[/caption]

 

幸せの黄色と呼ぶたくなる食器や室内装飾です。初夏にレストランから続くお庭で、もう一度アフタヌーンティーを楽しみたいと夢見ています💖 このコースは£59で、クラリッジスホテルより豪華でお得な気がします。

バッキンガム宮殿からa stone's throw・・・ほんの少しの距離にあるゴーリングホテル。 キャサリン妃が結婚式の前日に宿泊した事でも話題になったホテルです。 次回はロンドンの南東の小さな街ライのB&Bのご紹介~