新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

日刊予言者新聞のデザイナーMinaRima展とマスターズ終了

 

マスターズが終わった・・・

 

パトリック・リードという28歳でPGA5勝、23歳の時にはWGCで史上最年少の優勝者となるなど全くのダークホースとは言えない選手がマスターズチャンピオンになった。 地元のオーガスタ大学出身という事で、なくはなかったのだけれど優勝候補に全く上がってはいなかった選手。

地元なんだけれど、これがあちらの反応は微妙なんてもんじゃないワケで。 それには、いろいろあったからなワケで。

しかし、いろいろあったのにゴルファーとして成功しているという時点で並みの精神力の持ち主じゃないんだな~とオーガスタでの最終日の戦い方を見て改めて思いました。

このパトリック・リードと正反対のキャラと思われているジョーダン・スピースの 大会新記録に並びそうな勢いの最終日のプレーで、この優勝を納得させているという感じのアメリカ国民(;^_^A

そして我らが松山英樹ですが、後半ティーショットを曲げて条件の悪い場所からセカンドを打つ際に大きく「痛い」と声が出てしまいましたね~ おそらく痛み止めなどを使用していたと思うけれど本当に騙し騙しだったのだろうと推測されます😰

それでもベスト20に入ったのですから並大抵の選手ではありません。

昨日まではライバルと目される若手選手たちの目を見張るような活躍ぶりで、 最終日も優勝を争う彼らの中に松山英樹がいない違和感というか寂しさがあり盛り上がらない気持ちで見ていましたが、最終的に不利なコンデションの中、19位タイに上昇したという事実は彼のゴルフマネージメントの凄さを証明したという事になりましたもんね~

優勝争いしようが、しまいが優勝者はただ1人。 そこにいなかった寂しさは無意味だとも思ったな・・・

ふと「なんでこんな時期に怪我するかな~持ってないな~」と試合前は考えていたわけで、なにか掴みかけた時にスルリと抜け落ちていくと「神様がくれた試練だろう」とか考えがちですが、そうじゃないんだろうと。たまたまなんですよね、たまたま・・・ 何か起きた時、人間は神様とか宇宙の意図を図ろうとしますが、あれは無意味なのかもね??? 起きた事を「起きた」とシンプルに考えればそれでいいのかもな~ 受け入れながら咀嚼しながら淡々と次のステップを考えれば良いだけなのかもしれませんね。

ハリーポッターファン必見の「ミナリマ展」がソラマチで~

 

人生も魔法が使えれば~なんていう場面が何度もありますよね~ いい年齢になっても、そう思います💦 魔法使いサリーちゃん以来、魔法物の映画などに惹きつけられるのは憧れがあるからなんでしょう。 ハリーポッターの世界にウキウキしちゃうのは、魔法の世界に自分も入りこんだ気がするからですが、その映画の「日刊予言者新聞」や忍びの地図などを手掛けたミナ&リマのグッズやハリーポッター、ファンタスティックビーストの映画化前に描かれたコンセプト・プリントなどが販売されていました。

どれもこれも欲しいかったな~

コンセプト・プリントはウン万円からウン十万円だからね~シリアルナンバー入りなので当たり前だけど・・・

 

お気に入りは、アニマルアートプリント!

このピーターパンも欲しかったわ~

 

 

ザ・ロンドンテイスト!!!って感じですもんね~

そしてお買い上げしたのはマグネット・・・マグネットなのに1,200円もした💦 でも、でも、ラッピングバッグが素敵なので許した( *´艸`)

 

写真はバンバン撮っても大丈夫だけれどSNSにバンバンあげてね?って事でした。 グレートフルデッド商法ね?

この企画はソラマチ4階で今月16日まで開催しています。 ステーショナリーが色々あるのでファン必見ですね!