新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

花街の昭和レトロな純喫茶「カド」@向島

 

我が家で「日大って、いつ頃から今の様な巨大組織になったんだろうね?」という話題が、今回の悪質タックル事件で監督、コーチの会見前に出た。

おそらく日本で有数のマンモス大学で付属の中高なども全国に広がっているんじゃない⁉ どのような建学の精神があるのか? 前身がどのような学校だったのか?は知らないけれど、凄いよね~ここまでの組織を運営しているんだもんね~

昔、東京では「日大の悪口を言ってはいけない、何故なら必ず近くに日大関係者、卒業者がいるから」という都市伝説的な共通認識があった。 その位、強力な勢力図を持っている大学なので、よほど優秀な経営陣が歴代、指揮を取っているのだろうと漠然と思っていた。

それがですよ~驚きましたね~

監督、コーチの会見もさることながら、大学理事長?のインタビュー映像を見たけれど、 「えっ、これが理事長???」という風情で驚いた~(@_@)

最近では伊調馨さん関係で志學館大学の学長の会見を見た時に唖然としたけれど、 地方の小さな一族で経営している大学って、この様な事もあるのだろ~な~と自己解決していたのだけれど、日大は全国区な教育機関なわけで。

それが、TVの画面で確認できるどなたも「子供か???」と突っ込みたくなるほど幼稚な方々ばかりでアカデミックとは程遠いとしか思えなかったな~

この様な指導者の下で頑張っていたアメフト部員には申し訳ないけれど、世の多くの印象とは異なり、今回、悪質タックルを余儀なくされたとされる部員にしても私は良くわからないな~ 悪質な宗教と同じで、教祖様からの指令なら、どのような事でも実行するのだろうか⁉ 自分の頭で考える、判断するという事は無理なのだろうか⁉

今回の場合は、下手をしたら関学の選手は最悪の結果になっていたかもしれないくらいの行為でしょ⁉

しかし、その従順さが世間で重宝されているのも事実。 最近になってまた商社などでは体育会系学生の採用が増えているという事だものね~ パワハラにも強いという事か???

別問題で、この「○○ハラスメント」にも困ったものだ💦 ハラスメントだらけで社会が動かなくなる日も遠くないと思う・・・

日本からは「粋」と称される人々が絶滅しかかっているな~と思う。 もちろん「粋」なマスコミなんてものは存在しない。 「粋」が社会には絶対に必要なんだろうな~

今日は昔の「粋」が残る向島の喫茶店のお話です・・・

 

都内有数の花街・向島にある喫茶店

 

我が街にほど近い向島は江戸時代から粋人の遊興の地でしたが、明治時代に料亭が出来、それいらい都内屈指の花街として知られています。

今でも見番通りには置屋さんがあり、激減したとはいえ料亭も芸子さんも健在です。

また隅田七福神巡りの場所としても、これまた江戸の昔から名を馳せておりました。

そんなお土地柄の向島にある喫茶店「カド」桜橋のすぐ近くにあります。

喫茶店「カド」

 

スカイツリーが開業し、この辺りが脚光を浴びる以前から雑誌、TVなどに度々登場していた喫茶店です。

浅草の船場に、何でも安い巨大スーパー「OKストア」が出来て、買い出しに行く途中にあるので寄ってみました。

外観から想像できない店内なんですよ~

 

喫茶店カド内部

 

クラッシックな置物、絵画、デコパージュが施されたテーブル、天井。 良い音で流れるクラシック音楽・・・ 異次元の世界に扉一枚で入ることができます。

 

喫茶店カド

 

これが、不思議と落ち着く空間で・・・

ここは、胡桃パンのサンドウィッチと活性生ジュース600円が有名です。

活性生ジュースとは、リンゴ、パセリ、レモン、アロエ、セロリ、蜂蜜、アスパラ入りの 絶対に体に良いでしょ~というジュース。(画像TOP)

なぜにこの様な体に良いジュースを置いているかというと・・・お土地柄にあるんですね~

ここは昭和30年代初頭からやっている喫茶店で、置き屋さんのお姉さんたちが出勤前に 軽く栄養が付くものを摂ったというのが始まり。

店名の「カド」は角にあるから・・・(笑)・・・ホントです。 丸メガネにハンチング帽という店主曰く「ここいら辺りの人に、昭和30年の始め、英語の洒落た名前なんか付けたって覚えてもらえなかったんですよ~」との事。 おばあ様が開業されたらしい。

昔からある向島ですが、料亭以外でも最近は面白いお店が少しづつ増えています。 近くにはバナナ専門のスイーツ屋さんもオープンしました。

向島散歩の際にはぜひ~異次元トリップができますよ~