新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

謎の店名「恋文ラーメン」普通が王道の街中華だとわかる店@押上

朝から30度越えで暑苦しいのに、休日の朝のTVでは、不毛な国会を取り上げているから なおさら頭まで溶けるわ~

IR法案?あのカジノの法案ですよ~ 政府のデーター不足は否めないけれど、だからといって「被災地支援よりカジノ法案優先が許せん!」 っていう論理ってなによ⁉ そもそも土俵が違くない⁉⁉⁉

政府も被災地支援の為に、色々な手段を講じているのでしょ? どんな素晴らしい事をやろうと全ての人に、全て等しく満足の行く行為って無理で、 必ず不満は出るでしょうからね~

その不満だけをを拾って、あたかも全ての不満の様に印象操作する野党とかマスメディアとか嫌だな~

第一さ、むかし、むかし時の政府と一緒に国土保全の公共事業の全てを「税金の無駄遣い」と 国民を洗脳していたメディア多数・・・ 「何十年、何百年に一度、起こるか起こらないかの天災に無駄な莫大な予算」を徹底的に排除したじゃない?

あの人たちは直ぐに忘れて、反権力がカッコいいと今でも考えているのだろう。

そのような政治のあれや、これやとか昨日のジャイアンツの不甲斐なさとか、相撲の話を 備え付けの小さなTVを見ながらとか、スポーツ紙を片手に中華そばをすする人とか、赤いカウンターを 中心に特別な味じゃないけれど、ホッとする味を提供していたのがかつての街中華屋さん。

そんな街中華を思い起こさせるお店がスカイツリーのすぐ近くにオープンしました~

恋文ラーメンは真面目な中華屋さんだった。

 

恋文ラーメン

 

今年の6月、つい先月オープンした「恋文ラーメン」 業平商店街にあるお店。

「恋文ラーメン」という店名から、何かコンセプトを持った最近のラーメンに違いないと考えていました。 わざわざ英語表記で「Love Letter」とまで書かれています。

ひょっとして岩井俊二の名作「Love Letter」からのインスパイア系だろうか⁉ 小樽が舞台だったので、小樽系のラーメン? 小樽のラーメンってどんなだろう⁉と考えていた。

オープン初日は若いお兄ちゃんが店頭でビラを配っていたので、 やはり今時のコンセプト系ラーメン店かも?と興味をそそられ、試してみたくなった。

しかし初入店の記念すべき日、店頭に立っていたのは、若いお兄ちゃんのおばあちゃんくらいの女性だった(;^_^A

店内に入ると・・・中華屋さんの様なメニュー。 もちろんラーメンが多いのだけれど、今時のコンセプト系では絶対にない。

店内

写真で見ると、少々オサレに見えるわね・・・注目したのはカウンターに置いてあるティッシュ‼ なんと「クリネックス・ローションティッシュ・エックス」ですよ~ 今まで、こんな高級ティッシュを置いてあるラーメン屋さん見た事ない。

初回はやはりラーメン専門店だと思って来たので、ラーメンを。 ふつーのラーメンと五目ラーメン。

 

王道のラーメン&半チャーハン。ラーメンは600円で半チャーハンにしては、たっぷりのチャーハンは なんと300円😍 ラーメンは普通中の普通。美味しいといえる普通。そしてチャーハンは街中華の味! しっかり味があり、パラパラ~美味い~😍 この辺には昔、美味しいチャーハンがあったけれどお店はあっても経営者が変わり味も変わってしまった。 が、現れた~王道のチャーハンが~ 浅草「餃子の王様」のチャーハン&ラーメンも王道の味だけれど、チャーハンは微妙な差ながら 「恋文ラーメン」に軍配!

ラーメンとチャーハン

あんかけラーメンで美味しいお店が少ないのであんかけ・・・と思って頼んだ五目ラーメン800円。 実はあんかけじゃなかった💦 塩味は高級中華店ほどの味わい深さはないものの、十分に丁寧にとられた鶏スープがベースなんだろうと わかる中華屋ではハイレベルなスープ。 それにニンジンや筍の切り方を見ても分かる通り、非常に丁寧なんだな~と感心。 素材を大事に処理しているお店は間違いないんじゃない?

五目ラーメン

メニューを眺めてここはラーメン専門店じゃない街中華なんだとわかり、街中華らしいメニューを 試してから評価しようとブログアップは保留にしておりました。

街中華は、どんどんこの街から無くなっていますが、新規オープンの街中華って珍しくありませんか?

「恋文ラーメン」800円が私が求めていた五目ラーメン、あんかけ版。

恋文ラーメン

酸辣湯麺800円はどうだろう??? これも、悪くない・・・酸辣湯麺って美味しいお店の方が稀なので、ここは充分にイケる‼ これといって特徴の無い酸辣湯麺なのだけれど、酸味は塩梅が良いし見た目より辛さもある。 酸辣湯麺食べたい欲求に十分にこたえてくれるだろう。

酸辣湯麺

これまた美味しいお店が少ない担々麺800円。これまた特徴は無いけれど辛くスープもコクがある ハードルクリアな担々麺。

担々麺

モヤシそば600円は中華屋の王道なので、これは安心の味ですね。

もやしラーメン

そして餃子でしょ~街中華で野球中継見ながら食べるのは~ カリッとしたタイプで餃子の王様タイプ。これもクリア~

餃子

そして最後は、ここのところ美味しいニラレバ(700円)がないと嘆いていた私・・・ ニラ高騰の折、ニラの少なさには目を閉じて、シャキシャキと久しぶりに美味しいニラレバだった。 これは普通の普通、これといって「ここが凄い!」とう味じゃないけれど安心する美味しさというか。 とにかくボリュームが多くて食べるのに一苦労💦

実はここ2,3年、思い出したように神保町辺りで美味しい昔のニラレバを探していたのですが、 ほとんどの店はニラが高いので、非常に上品なボリュームだったし味も望んだものではなかったのだ。

ニラレバ炒め

「これが素晴らしい!!!」「こんな高級食材をふんだんに!!!」とかいうのじゃない、フツーの材料による、 フツーの街中華の有難さが最近分かって来ました。