新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【ロンドン宿編】早朝フライトで安心なホテル「プレミアイン・ロンドンヒースロー・ターミナル4」@初秋の英国旅行

今回から不定期で2017年9月にロンドン・バース・オックスフォードを巡った英国旅行記を 綴っていきたいと思います。

以前のブログに既に旅行記は書きましたので、今回は見どころ、食べどころ、寝どころのお薦めを中心に ご紹介します。

ロンドンのヒースローへはアブダビ経由のエティハド航空を利用しました。

連れが昨年夏に売り出されたファーストクラスのセールが大変にお得だったので、 中東御三家のファーストは大変豪華と評判ですから是非、利用してみたかったようです。 当初はANA便を考えていましたが、エティハドはスターアライアンスではないものの、 ANAのマイルが付きますし、ANAのステータスが使えるので都合も良かったのです。

主にスカイチームとエティハドが使用しているヒースローのターミナル4にあるホテルは価格的にも ターミナル直結という点でもお勧めできるホテルでした。

ターミナル4に直結の「Premier Inn London Heathrow Terminal4」

復路便は午前9時台のフライトだったので、ロンドン市内からだと少々心配でした。 ヒースローエクスプレスでパディントンからだと空港まで最短15分で到着するけれど、 メイフェアに宿泊していたので40分はみなければならない。

最終日だけパディントン駅直結のヒルトン宿泊が便利ですね。 以前利用しましたが大変使い勝手の良いホテルです。(経済的じゃないのが玉に傷💦) 列車でロンドンからカントリーサイド(日本人に人気のコッツウォルズなど)へ出かける 予定のある方も、このホテルなら駅直結です。

🏨Expediaによるヒルトン・ロンドン・パティントン情報はこちらで~

しかし、9時台よりもっと早朝のフライトならエアポート・ホテルがやっぱり安心。

ターミナル4直結のホテルは、このプレミアインと「ヒルトン・ロンドンヒースロー」があります。 ターミナル4はエティハドの他、スカイチーム(KLM、エールフランスアリタリアなど)

他に直結しているホテルとしてはターミナル5の「ソフィテル・ロンドンヒースロー」があります。 ターミナル5はブリティッシュエアウェイズ専用ターミナルです。

ANAはターミナル2、JALはターミナル3ですので、ターミナル4、5とはヒースロー・コネクト など(ターミナル間は無料)で移動します。

🏨Expediaでヒースロー空港近辺のホテルを探したい方はこちら~

他のエアポートホテルと呼ばれているホテルはバス利用になります。 バスだと時間が読めませんし、ホテルによってはエアポートホテルでもかなり時間がかかります。 その点、ターミナル間を無料で結ぶ電車利用の方が安心でしょう。

そして、このプレミアイン・ロンドンヒースロー・ホテルは直結しているホテルでは断然安い‼ 40ポンドという設定の時期もある昨年オープンしたばかりのホテルです。

お部屋もしっかり広く、チェックインは全て自動チェックイン機で済ますので、チェックアウトは 指定された場所に鍵を戻すだけ! チェックアウトの列が長くてヤキモキなんてこともありません。

前金なので日本のビジネスホテルの様なシステムです。

自動チェックイン機ですが、ホテルのスタッフもいますのでお手伝いしてくれます。

無駄を徹底的に省いたホテル「プレミアイン・ロンドンヒースローターミナル4」

自動チェックイン機が並ぶレセプションのフロアはターミナル4の出発ロビーに直結ですが、 そのフロアのレセプション前には日本の様にドリンクなどの自販機が並んでしました。 バーもお手頃価格、同じフロアのレストランも日本のファミレスタイプでロンドンに沢山の チェーン店を持っています。 お味もそれなり、価格はホテル価格ではなくファミレス価格です。

同じようにお手頃な価格で利用できるパブスペース、ブルワリー、ステーキハウスがあります。 オリジナルなレストランではなくチェーン店がテナントなので利用者にとっても、お味は悪くはなく リーズナブルというUKでは珍しい形態のホテルだと思います。

ホテルの一般的なお部屋

シングルユースでしたが子供連れなら3人でも十分な広さを感じる無駄のない室内(15㎡) トップ画像でお部屋の全体像が分かると思います。 コーヒー、ポット完備、Wi-Fiもフリー!

冷蔵庫はありますが何も入ってないので、館内のバーなどでビールを購入し部屋飲み🍺 おつまみも買ってホテルプライスではないので経済的でした!

クラフトビール

バスルームもシンプルで清潔。全ての部屋にバスタブ付きとは嬉しいです。 アメニティも最小限でリンスインシャンプーやソープは備え付けのボックス入りで、 これも日本のビジネスホテルのようでした。

バスタブ付きバスルーム

朝食はレストラン「Thymeタイム」で。イギリスの至る所にある人気のファミレス。 フルイングリッシュ・ブレックファストが9.5ポンド!(2018年7月現在)

レストラン朝食

レストラン朝食

レストラン朝食

レストラン朝食

ドリンク類

レストラン朝食

ホテルならどんなに安くても朝食は20ポンドはするでしょ?お得お得♪ お味も問題ありませんでしたよ~

メニューはこのようになっております~十分でしょ⁉

朝食メニュー

ゆっくり朝食を取り、清算はチェックイン時に済んでいるのでスムーズに出発ターミナルに向かいました。 この様な通路を歩く事10分! ヒルトン・ロンドンヒースローと共有通路です。

おかげでターミナル4のハロッズなどで、ゆっくりとお土産も選べましたしラウンジも行きました。 早朝フライトの前日はロンドン市内でゆっくり遊んでディナーも済ませ、遅い夜にチェックインして 翌日は早朝でも余裕・・・のホテルです。

ターミナル4に直結の通路

1部屋、日本円で1万円を切るお部屋はロンドンで探すのは難しいでしょう。 それが朝食を付けても1万円!なおかつ空港直結、新しくお部屋も広めという事がありません♪ 複数人でシェアすれば、もっともっとお得に泊まれますね~ お勧めのホテルでした😎