新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【3連休弾丸初バンコク旅行11】ルンピニー公園は都会のオアシス地元の屋台もいっぱい。

バンコク旅行第一日目は早朝に空港到着から23時くらいに
お部屋に戻るまで空港⇒アユタヤ⇒ワットアルンなど観光と精力的に動いたので
朝までぐっすりと眠ることができました。
時差が日本とは2時間しかないと言うのも熟睡できた理由なのかもしれません。

あっ💡
ホテルの室温がちょうど良かったのかもな~???
案外、ホテルのお部屋が適温ってなくない???

そうそう・・・
バンコクは1月でも蒸し暑くて、外を歩くと汗だらけでベタベタ。
ちょうど東京の梅雨時なのに高温な日という感じでした。

電車の中とか、建物は冷房が効き過ぎていて、外でベタベタ、中で急激に汗が冷えて
寒いの繰り返し。

そのような環境でホテルのある各国大使館が集中するワイヤレス通り沿いは
緑が多く蒸し暑さも少し和らぐように感じました。

そのワイヤレス通りをホテルから歩いて20分ほどでしょうか?
ルンピニー公園という代々木公園よりも広い公園があります。

朝食前にお散歩しました~

大都会のオアシス「ルンピニー公園

ワイヤレス通りには大使館や高級レジデンスなどが通りに沿ってあり、
人通りが多いわけではありませんが、旅行者なのか駐在員なのか
欧米の方をたびたび見かけました。
犬の散歩をしているローカルもいます。

クイーンのアルバムジャケットの様なライオンマークはオランダ大使館です。

オランダ大使館

アメリカ大使館の看板を写していると「ピーーーーー」と左に待機していた警備員が警告の笛(@_@)
画像を見せて「削除しますか?」ときくと申し訳なさそうに「大丈夫です」と言われました~
じゃあ、あんなに激しく笛の警告音を発しないでほしいよ~びっくりしちゃった。
アメリカ大使館だけが道路に面して警備室があったな~

アメリカ大使館

歩道橋を渡っていると歩道橋上に警官か軍の方かが上から警備をしておりました~
人通りが少なかったので安心しました・・・
日曜日だったので、ビジネス&レジデンス街は特に人通りが少なかったのでしょうね。

ワイヤレス通りプルンチット駅方面を眺める

ようやく入り口~開園は4時半で閉園は21時です。

プルンチットからも歩けますが、最寄り駅はBTSサラディーン駅、MRTシーロム駅からは
とても近いです。

公園入口

驚いたのは公園に入る車が多い事!駐車場は車でいっぱい。
そして公園はランナーがたくさんおり、マラソン大会が開かれているのかと
思いました。

ラソン大会でも何でもなく、ただただジョギングする人々でした~
朝で緑も多く涼しいと言っても、やっぱり蒸し暑いです。
こんな気候の中、走ろうと思う人々は素晴らしい(*_*)

他にも数グループで太極拳をされている方々も多い。

公園内には何か所も大きな池もありスワンボートも浮かんでいました。

この公園の池にはオオトカゲが生息しているそうです(@_@)
そして、そこは東南アジア、ハノイほどではないにしてもシンガポール程度のスモッグで
遠くの景色が霞みます。

それを除けば緑と熱帯の美しい鳥の鳴き声に癒されます。

公園内には青空フードコートもあり、ところどころに屋台がありますし、
公園を取り巻くようにマーケットや屋台が出ていました。
近隣の方が朝食を楽しんでいました~

平日はオフィス街の為、ランチをここで取るビジネスパーソンの姿も多くみられるそうです。

果物野菜お魚などが売られている青空マーケット。見るからに新鮮なお魚ですが、
見るからに新鮮なハエもたかっております(笑)

屋台が沢山出ています。どこも日本円で150円程度と屋台は安いですね。

やっぱりアジアは屋台文化、朝食つくらない!とは主婦も楽です。
専業主婦が少ないという事なのでしょうけれど。

ここでもガパオとかトムヤムクンなどあまり見かけません。
麺類やお魚を揚げたものが人気のようです。

この辺り一帯はパトゥムワン地区といい高級ショッピング街、大使館、美術館
外資系企業、高級ホテル、タイの最高峰大学もちろん古い寺院もありますが。たまたまこ
辺りのホテルだったので想像していたバンコクよりもヨーロッパ的な雰囲気を
感じたのかもしれません。

交通渋滞と、どこも混み混みのツーリストスポットと離れて貴重な
落ち着いた地区でした。
そういえばバンコクを歩いていて聴こえてくる外国語は英語よりもフランス語が多かったな~

楽しみな朝食の為に、戻る途中のオサレなカフェで、朝から何やら撮影が行われていました。