新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【初めてオーストラリア西海岸パースへ④】円から豪ドルへ両替にロンドンコートに行きました~

パースに着いて、まず最初にやる事はホテルで荷物を預かってもらう事。
インターコンチを予約していましたが、まだ7時台なので身軽になって
評判の良いカフェで美味しい朝食でもと考えていました。

オーストラリアはカフェ文化ですよね~何軒か行きたいな~と。
最初にお断りしておきますが、なんと今回、楽しみにしていたカフェ巡りは
1軒も訪れる事なく帰国しました~(´;ω;`)ウゥゥ
はい~目的の一つはあえなく消去・・・

初日から夢破れたのは、意外にもインターコンチのアーリーチェックインの
サービスを受けたからなのでした~💖
IHGのプラチナだとアーリーチェックインもサービスなんだ~???

そんでもってクラブラウンジ・アクセスの予約だったので朝食まで
食べられちゃったってワケ( *´艸`)
その後もラウンジで朝食やアフタヌーンティーを楽しんだので一度もカフェには
行けなかったの・・・

このアーリーチェックインは朝早くチェックインまで時間があり過ぎるので
コアラやカンガルーを見に動物園に行こう~という思惑も消し去る事に・・・

用意してもらったお部屋で休んで朝食を食べて、とりあえず両替に向かいました。

思いがけずラウンジでありつけた朝食。
「ウエストコーストスタイル・ブレックファスト」これ2人でシェアしてこのボーション!
担当の優しいオジサンが「これを食べるとお昼はいらないよ」との事でした~(≧▽≦)
と~っても美味しかったわ~

インターコンチラウンジの朝食

フレンチトーストもオーダー。もちろんこれもシェア。
朝から幸せ~💖

担当のおじいちゃんがキングスパーク行きやパース動物園行きのバスの時刻表を持って来てくれたり
行き方とか、いろいろ教えてくれて「グッディ!」といって見送ってくれました~

パースでロンドン体験!ロンドンコート。

ロンドンコートはインターコンチに面してるヘイストリートにあります。
その後、宿泊するウエスティンとのちょうど中間くらい。

ウィリアム・ストリートを超えたところ。
この辺りはパースのショッピングエリアです。

東京にもお店がある紅茶で有名な「T2」もこの交差点すぐにありますよん。

紅茶の専門店「H2」

ウィリアム・ストリートを背にして右に入り口があります。
見落としそうになるからご注意!

ロンドンコート入り口
ロンドンコート入り口。

ロンドンコート入り口
ラクリ時計は1時間ごとに動きます。

1937年にロンドンから移住した富豪の邸宅として造られました。
ビッグベンを懐かしんでそれっぽく作ったみたいよ。
いまではショッピングモールになっていてヘイストリートとセントジョージテラスを結んでいます。
セントジョージテラス側までお土産屋さん、カフェ、レストランと色々なお店があります。

ロンドンコート内部

正面にハムレットのような像❓ 
両脇の建物は1階はお店で上層階はオフィスになってるらしいです。

ロンドンコートのお店など

お~こういうレリーフも英国っぽいですよね~
コウモリに見える悪魔?
悪魔に見えるコウモリ?

ロンドンっぽい蝙蝠のレリーフ

パースに来て最初にロンドンコートに出向いたのは、セントジョージテラス口にある
両替屋さんのレートが良いとトリップアドバイザーに書いていたから。

2万円ほど両替しましたが、1豪ドル≒83円でした。
この日はたしか・・・80円切っていたと思うので果たして良いのかという疑問。
確かにウインドウに「手数料無料」と書かれていますが、あきらかにレートに
のせていると思うな~
日本で両替するともっと上乗せされるので日本よりは得だと思うけど・・・
パースの他の両替所と比較していないのでわかりません。

両替屋さん
複数のネット記事に書かれていたレートが良いらしい両替屋。

こちらはセントジョージテラス側の入り口です。

ロンドンコートのセントジョージテラス側の入り口

ロンドンコート入り口の近くにwoolworth(ウールワース)という
大きなスーパーマーケットもあります。
このセントジョージテラス(ストリート)は空港行きのバス停がある通りです。

セントジョージテラス