新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【初めてオーストラリア西海岸パースへ⑳】フリーマントルでビール工場見学、最高!

フリーマントルクラフトビール工場があると知った。
その工場は見学&試飲ができるらしい。

クラフトビール好きとしては、行かざるを得ないでしょ~😍

パースに行く前に家族にお土産を募ったところ不肖の息子Rから「リトルクリーチャズのビール」
と、LINEで以前オーストラリアで飲んで美味しかったらしいビールの写真が送られてきた。

そのリトルクリーチャーズはなんと偶然にもフリーマントルの我々が行こうとしている
ブリューワリーだったのだ(@_@)

美味しいビールのブリューワリー、なおさら期待が高まった。

Little Creatures」のブリュワリーツアーに参加!

キャットバスから降りてエスプラナーダ公園を突っ切って海側に進むと
ブリューワリーがあります。

エスプラナーダ公園

大きなタンクが4本、あれがブリューワリー。

公園から見えるブリューワリー

フォルクスワーゲンにリトルクリーチャズのロゴが🎵

リトルクリーチャズのブリューワリーと配達車

サイトから事前予約もできますが、工場見学ツアーがあると知ったのは現地に着いてからなので
直接、予約を取りました。

一日4回のツアーがあるらしく12時の回で予約をし時間までプラプラしていました。
ツアーは1人$20です。

https://littlecreatures.com.au/agegate/

メニューとぬいぐるみのパラソルちゃん

当然、英語オンリーのツアーですが他の方々もいるだろうから・・・と考えていました。
しかし我々だけのプライベートツアー状態。

ツアーはブリューワリーの歴史、原材料の説明から入ります。
ホップとかモルトとか酵母などなどの特徴やこのブリューワリーのこだわりなど。

その時の私の頭の中は「発酵って英語でなんだっけ?醸造って???」状態(;'∀')

とても詳しく、これまた我々が英語の不自由なジャパニーズなのだという事を
無視して(考えないようにしてか?)進みゆきました~(≧▽≦)

ビール原料のレクチャー

一通りのレクチャーが終わると、今度は実際の製造過程の見学です。

ビールの製造過程見学

ビール造りには良いお水も不可欠なので、どこからか品質の良いお水を運んでいるって
言ってたな~

発酵時間や温度などがとても重要なんだという事くらいはわかりました( *´艸`)

製造過程

これまた、とても丁重な製造過程の見学を終えいよいよ試飲です(⋈◍>◡<◍)。✧♡
下の写真はブリューワリーのレストランで良い匂いが漂っていました。

レストラン部分

UKのブライトンから移り住んだという可愛いお兄さん😍
確かにブライトンとフリーマントルって似た感じだもんね?
(ご尊顔をブログにアップしてもOKとの承諾済み)

ビール試飲

ここで造られている12種類ものビールとアップルサイダーの試飲(*_*)
これまた1種類ごとに詳しい説明がなされました~

試飲するビールの数々

どれを飲んでも美味しいな~♪
お兄さんは可愛いし言う事なし!!!

2回目の試飲ビールの数々

試飲を終えてリトルクリーチャのシールやTシャツ、ここでしか購入できない
チョコレート風味のビールを買いました~

ビールショップ

試飲の中でも特に気に入った「White rabbit」シリーズ。
こちらはメルボルンで造られている姉妹シリーズ。
ホワイト・ラビットのほうがヨーロピアンスタイルだと言っていたと思う。
確かにダークエールはギネスをもっと香り豊かに、軽くした飲み口でした。

https://whiterabbitbeer.com.au/

ホワイト・ラビットシリーズ

一番右がチョコ風味のビール。
でも実際にチョコが入っているワケではなくモルトがカカオの香りがするの。
どのラベルも可愛いでしょ💖

リトルクリーチャから買って来たビール3本

これでもか!というくらいの試飲。美味しいビールで大満足。
これで週末のマーケットを覗けば、もっと良い思い出だったと思います。
ぜひぜひフリーマントルに週末1泊して美味しいビールとフィッシュ&チップス、チリマッスルそして
マーケットで美味しいフルーツなどなど楽しんでみてください!