新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

ホテルの朝食と朝のカンナレッジョ散歩【2019年ヴェネツィア&ウイーン旅行⑦】

前日の夜8時位にホテルにチェックインし、夜の街に繰り出し11時位に戻って
そのままバタンキューzzz・・・

ヨーロッパの朝は遅く、ようやく顔を出しつつあった早朝のカンナレッジョを
散策したあと、楽しみなガーデンでの朝食~💖

ホテル・パラッツォ・アバデッサの朝食~

このホテルにレストランはありません。
1階(グランドレベル)のロビーのお隣の小さな部屋にブッフェが用意されていました。

典型的なコンチネンタル・ブレックファスト+イタリアの定番ケーキ類。

朝食会場のジュース各種

コーヒーはお好みのものをマシンで入れてくれます。
お茶はティーバッグ各種、イタリアブランドのハーブティーがとても美味しかったです♬

ホットドリンク各種

パンは普通のハートタイプやイタリアの甘いクロワッサンやドーナッツ。

パンの数々

フルーツはコールドミール各種。

フルーツ&コールドミート

甘いクロワッサンを食べた後だと、なかなかケーキまで食べれない(´;ω;`)ウゥゥ

ケーキ&コーンフレーク

念願のお庭のテーブルで食べました~
フルーツ中心。
チョコのクロワッサン美味しかったな~
この後、色々なパン屋さんのチョコクロワッサンを食べましたが、ここのが一番美味しかったですよん。

朝食中のケム

プロセッコがボトルでお部屋に用意されているので、
朝食会場で楽しんでいるグループもいらっしゃいました。

お庭での朝食

この日の宿泊客は欧米系のご年配のグループや御家族が中心でした。
このホテルは午後にはフリーでお茶やクッキーが振る舞われますが、
残念ながら利用できず。
午後ティーをやはり、このお庭で楽しみたかった・・・

トリップアドバイザーなどのコメントを読むとヨーロッパのホテルの朝食で
「温かいものが全く無かった!」というコメントを数多く目にしますが、
コンチネンタル式朝食は基本パンとドリンク、それにコールドミール(ハムなど)です。
ヨーロッパは夕飯に重きを置くので朝はあっさりと・・・らしいです。

アメリカン式朝食はこれにベーコンやスクランブルエッグなどがプラスされますね!
もっと豪華なのは夕飯は質素な英国のフルイングリッシュ・ブレックファストでしょう✌

ブッキングコムでパラッツォ・アバデッサを調べる

朝食前のカンナレッジョ散策!

旅先での恒例、朝食前のお散歩~

ヴェネツィア本島は逆S字に流れる大カナルを中心に6つの行政区にわかれています。
その大カナルの東側、サンタルチア駅から対岸にリアルトをのぞむあたりまでが
カンナレッジョです。

世界で一番古いゲットーがあり、観光地ヴェネツィアでとても庶民的で
落ちついた地区です。
以前から次に滞在する時にはこの地区にしようと決めていたのでした~

早朝ですから観光客はおらず広場の清掃作業の方々だけ。
左手に白く見える建物はサンタ・デッラ・マダレーナ教会。
マグダラのマリア教会です。

ここはテンプル騎士団=フリーメイソンともつながりがある?という説もあるのは
正面ドアの上に三角形と逆三角形が組み合わさっているダビデの星があるからでしょう。

カンナレッジョの風景
左の白い教会はサンタ・マリア・マッダレーナ教会

建物に色々な装飾があるジェラート屋さん。

ジェラート屋さんはまだオープン前

ゴミ収集のボートは早朝から出動!
カンポや教会周辺の清掃作業など観光都市は観光客の少ない
早朝から美観の為に動いているのですね~m(__)m

早朝のカンナレッジョに浮かぶボート

お魚屋さんも開店していました!
見るからに新鮮そうな魚介類😻

お魚屋さんの屋台

はい~またまた登場いたしました~絵になる洗濯物( ´艸`)
お向かいの家は他人だと思うけど・・・どうなってるんだろう?
この地域、独特の選択物干しのルールがあるのでしょうね~???

水路と洗濯物の風景

ちょい大き目の水路。
忙しく働く作業船とカモメちゃん達。

大カナルとかもめ

上が切れちゃってるけど(笑)この辺りの大き目の教会で鐘楼がどこからでも見えます。
Madonna dell'Orto(マドンナ・デッロルト教会)近くに同じ名前のヴァポレット乗り場もあります。

14世紀に建てられた古い教会でルネサンス期のヴェネツィア派を代表する
ティントレット(ティツィアーノの弟子)の作品が多く残され、彼のお墓もここにあります。

マドンナ・デッロルト教会

次回はカンナレッジョで有名なコーヒー店のご紹介~