新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

ヴェネツィア一望!絶景スポットのサンジョルジョ・マッジョーレ島【2019年ヴェネツィア&ウイーン旅行⑮】

ヴェネツィアで一番のお気に入りスポットがサンジョルジョ・マッジョーレ島💖

青い海、青い空そして聖マルコ大聖堂やドゥカーレ宮殿、
教会の鐘楼に登ればヴェネツィア全体を一望できちゃいます😍
マリーナがありセレブなヨットが停泊し、リゾート気分も味わえます。

ヴェネツィア滞在が短い方も絶対に行ってください!
どんな方でもサンマルコ広場は必ず行くでしょうから、そこからヴァポレットで1つ目です!

とても小さな島で島全体がサンジョルジョ・マッジョーレ教会と緑地と
言っても過言ではないほど。

サンタルチア駅やローマ広場、サンマルコにも停まるヴァポレットで行けます。

夕暮れ時に訪れる予定でしたが、少し早い時間で夕陽は見られず・・・
それでも、素晴らしい眺めに大大満足でした~

サンジョルジョ・マッジョーレ島にはヴァポレットでね!

サンジョルジョ・マッジョーレ島に行くにはヴァポレットの2番に乗る方法だけです。
それ以外のラインは通っていません🚢

ヴァポレットのサンジョルジョ駅
ヴァポレットのサン・ジョルジョ停留所。


オレンジ色の2番ラインはローマ広場、サンタルチア駅から大カナルを通りリアルト、サンマルコ、
サンジョルジョ、ジュデッカ島のヴェネツィア本島を網羅しているラインです。


実は「N」ラインも通っていますが、これは深夜から早朝(深夜12時から早朝5時くらいまで)
だけ運航するラインです。

「○○ラインって、どこで乗れば良いの~???」とお困りの方へ。
「地図を見てください・・・」っていうのはなしで( ´艸`)

サンタルチア駅の前にあるヴァポレット乗り場「Ferrovia 」に行けばすべてのラインを
利用できます!

絶景のサンジョルジョ・マッジョーレ!

ヴァポレットを降りるとサンジョルジョ・マッジョーレ教会はすぐ前です。

サンジョルジョ・マッジョーレ教会

「水辺の貴婦人」と呼ばれるのも納得のエレガントさ💖
ベネディクト派の教会兼修道院です。

そして振り向けば・・・

サンジョルジョからみたサンマルコ方面

聖マルコ大聖堂の鐘楼、ドゥカーレ宮殿そして左を見ればサンタマリア・デッラ・サルーテ教会も
見えるじゃありませんか😍
絶景、絶景まったくの絶景 😍 😍 😍

この日は(連日だけど)暑くて暑くてとにかく日陰に早く行きたかった。
ということでさっそく教会の中へ~
この教会は入場料は必要ありません。

なんじゃこりゃ~(@_@)

ショーン・スカーリのバジリカという色とりどりの作品

この七色以上のオブジェはアイルランド出身の有名芸術家ショーン・スカリーの
作品という事でした。

「Human」という作品展が開かれており40以上の彼の作品を展示中でした。
上の作品は「バジリカ」という作品で色とりどりの高い塔の上は天国に
続いているイメージらしいです。

スカリーの「バジリカ」の内部

バジリカ(お堂)だけに中に入る事もできました!
クーポラの中央と呼応しており、光が幾何学模様を作り出します✨
歴史ある教会と現代アート・・・さすがアート大国!

主祭壇

主祭壇にはジローラモ・カンパーニャ作のブロンズ像があり、
黄金の天球をを支える天使?天球の上に建つのは聖ジョルジュでしょうか?

右の絵画はティントレットの「最後の晩餐」
写真ではわかりませんがダビンチのそれとは全く違うなにやら
これから起こるであろう事態を予期しているような激しい黒い情熱が感じられます。

主祭壇後方の聖歌隊室の椅子がまた素晴らしくて~

聖歌隊の部屋の椅子

48席ある椅子に施された天使の木像(@_@)
上の木像画は聖ベネディクトの生涯だそうです。

またこの部屋では1800年にコンクラーベも行われました。

教皇ピウス6世の時代ナポレオンによってローマはフランス軍に制圧され
教皇職も廃位されローマを退去しました。
ピウス6世は南仏プロバンスに幽閉され死去しました。

イタリアのほとんどはフランスの統治下になりましたが、
ヴェネツィア本島はオーストリアに属すことになり、
コンクラーベが可能となったのです。

その結果、教皇は存続し新たにピウス7世が新教皇となりました。

しかしナポレオンはピウス7世を最終的にフォンテーヌブローで幽閉し
ナポレオン失脚後1814年、ようやくローマに戻ることができました。
ピウス7世はまさしく教皇に相応しい人でセント・ヘレナに流された
ナポレオンや家族を慈悲の心で手助けをしたということです😢

この時、ここに飾られていたヴェロネーゼの描いた大作「カナの婚礼」を
ナポレオンが持ち帰り現在もルーヴルで見ることができます。
イタリアの美術品を根こそぎフランスに持ち帰ったナポレオン恐るべし(@_@)

実はこの教会に来たのは鐘楼に登りヴェネツィア全体の絶景を見るためだったのだ。
が、ショーン・スカリーさんの現代アートの数々の部屋を回るはめになり
鐘楼に上がるエレベーターを見つけられず・・・

良い子の皆さんは、エレベーターを見つけて絶対に絶景を楽しんでね~✌
無料ですよ~

という事で、無駄に鐘楼への入り口を探し現代アートの部屋を次々と。。。

スカリーの現代アート

教会内の部屋のガラス飾り

のどかなお庭が見える~
修道院っぽい風景♬

教会の裏庭

と~ても気持ちの良い空間💖にわとりの鳴き声も聞こえてきた~
ヴェネツィアでコケッコッコーを聴くとは思わなかったな~( *´艸`)

有名なガラスアートの展示室がありご本人とお綺麗な女性の受付の方に
遭遇してしまった~(@_@)
すぐに退出しては失礼なので、ざーっと見てお綺麗な女性に「出口はどこですか?」
お綺麗な女性は心もお綺麗で外まで一緒についてきてくれました~💦

で、外に出たらまたアート(@_@)

上りたい鐘楼は目の前に見えるのに~(´;ω;`)ウゥゥ

第57回ベネチア・ビエンナーレに出展された作品「Qwalala」

「綺麗ね~」とガラスを触ると・・・
「触らないでください!」と係りの女性が飛んできました・・・
炎天下で見張りご苦労様ですm(__)m

今年は第58回ヴェネツィア・ビエンナーレが開催されており、
過去の出品作である作品が、ここそこに展示されているみたい( ;∀;)

マリーナのヨット

どうにかこうにか教会の敷地内から外への脱出に成功!
暑い、暑いが風景は最高🎶
ヨットハーバーの向かいくらいにカフェがありました。

ヨットではいかにもセレブっぽい男女がくつろいでいた。

サンジョルジョ・マッジョーレ島にはほぼレストランはありませんが、
ヴァポレットの2番でローマ広場方面行きに乗って次のジュデッカ島には
リーズナブルで眺めが良くて評判の良いレストランがいくつもあります。
ランチやディナーはジュデッカで!

一番のおすすめは高級ホテルベルモンドホテルの「シップス・クラブ」
素晴らしい眺めと共にワインを味わってみてください💖
想像よりもドリンクだけならお高くないそうです。

今回の旅で、できれば・・・と考えていましたがスケジュールがおして
叶えられず・・・(>_<)

https://www.belmond.com/hotels/europe/italy/venice/belmond-hotel-cipriani/dining

岸壁とヨット

あ~あの鐘楼に登りたかったんだよな~
教会内部から鐘楼には行けるそうなのでガイドブックをしっかり読んで
上ってくださいね(≧▽≦)

現地ツアー「タビナカ」でヴェネツィア定番ツアーの詳細をチェック!