新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

誰でもヴェネツィアらしい写真が撮れるアカデミア橋周辺【2019年ヴェネツィア&ウイーン旅行⑯】

大カナルを行き来するヴァポレットやゴンドラ、そして両岸に立つ寺院の風景・・・
ヴェネツィアの写真と言えば、そんな風景が定番ですね(*^-^*)

私の様な素人でもポストカードのような写真が撮れちゃうのがアカデミア橋。

アカデミア橋のドルソドゥーロ側は人気のバーカロも多くあり、
個人的には好きな地域です。
そんな ドルソドゥーロ をアカデミア橋までお散歩しました~

昔と今が融合する風情たっぷりのドルソドゥーロ地区

ドルソドゥーロ地区といえば大運河沿いのアカデミア美術館や現代アートのペギー・グッゲンハイム・コレクション、そしてヴェネツィア案内になくてはならない サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会 が
有名です。

それら大運河に沿って建てられた大きな建築物だけではなく、それらの裏にあたる地域は
風情がある落ち着いた散歩にぴったりな地域です。

ヴァポレット乗り場「Zattere(ザッテレ)」からアカデミア橋まで散歩~

サン・ジョルジョからヴァポレットに乗りザッテレでおりました。
ザッテレは2番、5.1番、5.2番、6番のヴァポレットが泊まります。

サン・トロヴァーゾ川に沿ってをアカデミア橋方面に歩くと・・・
ゴンドラの造船所がありました。

トロヴァーゾ運河のゴンドラ造船所

「造船所」と書くと大かがりな感じですが「工房」といったほうがぴったりな感じ。
イタリア語では「スクエーロ」と呼びます。

後ろに見える白い教会と鐘楼はサン・トロヴァーゾ教会です‥

と~っても雰囲気がある一帯です。

運河沿いのバーカロ

この辺りは職人さんが多く住んでいるからでしょうか?
そしてヴェネツィア大学も近いからでしょうか?
美味しいと評判のバーカロが多く、川沿いではあちらこちらでワインを楽しむ人がいました。

先ほどのゴンドラ造船所=スクエーロの川を挟んだお向かいに、
と~っても評判のバーカロ「アル・スクエーロ」があります。

https://osteriaalsquero.wordpress.com/

ぜひ行きたかったのですが凄い人だかりで注文できる自信が全くなく断念(>_<)
あ~残念・・・
人気のバーカロはハードルが高いな~と。

すこし歩くと雰囲気の良さげなリストランテ😍

雰囲気の良いレストラン・サントロヴァーゾ
San Trovaso ristorante

トリップアドバイザーで調べると評判の良いレストランでした~

http://www.ristorantesantrovaso.it/santrovaso/usr.php

相変わらずの暑さでジェラート屋さん「Gelateria lo Squero」へ。
やはりトロヴァーゾ川沿いにあるお店ですが、なんと、なんとアンジェリーナ・ジョリーが
ここのお店のファンなんだとか(@_@)

http://www.gelaterialosquero.com/

私はレモン味を食べましたが、暑かったのでとても美味しく感じました。
日本ではレモン味のアイス絶対に食べませんがイタリアは美味しいですよね~ 😍

ただヴェネツィアはローマなどから比べるとジェラートの種類が少ないのですよね~
フルーツ味といえばイチゴかレモンくらい。
逆に多くの種類のあるお店は美味しいジェラートとはいえないし(:_;)
この時期ならではのスイカ、桃、柿などなどの新鮮なジェラートは皆無です。
これはヴェネト州全体にいえることかも?

木造の橋で有名なアカデミア橋に到着~

アカデミア橋たもと。

大運河の反対側の黄色の素敵なビルは「カヴァッリ・フランケッティ館」です。
今はヴェネト州の教育機関ですが、ヴェネツィアの古い貴族の家で何代か所有者がかわり
カール大帝の息子フリードリヒの所有となりましたが若くして亡くなった為、住む事は無かったようです。

木の橋を上がりましょう~
絵葉書の様な風景が広がっています💖

アカデミア橋からのながめ

こちらはアカデミア橋の下から撮影した写真。
上から撮っても下から撮っても絵葉書具合は変わりません( *´艸`)

アカデミア橋の下から撮影

アカデミア橋乗り場でヴァポレットに乗り撮ったのですが、
皆考える事は同じ・・・船内のビューイングポイントは入れ替わり立ち替わりの
なんちゃってカメラマンで賑わいます。

現地ツアー「タビナカ」でヴェネツィア定番ツアーの詳細をチェック!