新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

SASスカンジナビア航空機でコペンハーゲンから成田まで超快適!【2019年ヴェネツィア&ウィーン旅行㊼】

f:id:kemu-no-work2020:20190918094114j:plain
SASスカンジナビア航空機Y’sクロニクル

すこしだけコペンハーゲン観光も実現し、北欧らしいセンスのラウンジでくつろぎ
コペンハーゲン空港を楽しみつくしました!・・・といいたいところですが、
ニューハウンから戻りスモークサーモンをお土産に買い、出国審査を通過してしまいました~

www.kemu-no-tabi.info



まあ、第3ターミナル出国審査後の何もないこと!!!
15:45発成田行きのボーディングタイムは15:00。
ボーディング・タイムの時間も過ぎたしゲートに向かうと・・・

搭乗待合室

搭乗待合室は座る所もないくらい乗客で溢れておりました💦
荷物の積み込み遅れで15分、遅れていたのでした~

成田行き待合室

まもなく搭乗開始のアナウンスが~

成田行きSASはA340-300

イマドキ珍しい4発機のエアバス340。(最近は双発機がほとんど)
一番上の写真を見ていただければわかりますが主翼に2機のエンジンがついておるのであります!
そして機体が流れる様なフォルムで綺麗~😍

そんなSASスカンジナビア航空SK983便は273席あり、ビジネスが40席、
プレミアエコノミーにあたる「SAS plus」が28席です。

ブラックとシルバーで統一されたシートがかっこいい💖

ビジネスクラスのキャビン
ペアでどうしても席が離れたくない方は真ん中のシートがいいかもね?

今回はビジネスクラスを利用。
シートを選ぶ際に前方に向かって左の席がかなり埋まっておりました。

9月と言えばオーロラの出現率も高い時期らしいので、オーロラが見える
左側の席を予約しました。

スタッガード式で1-2-1の配置。満席・・・
窓側の6Aというシートでしたが、独立性がより高くいいかんじ~

ビジネスクラスシート

ウエルカムドリンクとメニューが配られました。
これがメニュー史上最高に素敵😍

セキ・ナツコさんというロンドン在住の日本人イラストレーターによるもの。

ウエルカムドリンク

A6はシートが窓側にあり電源、USBや物入になる壁状の仕切りが通路側です。
Aでも奇数ナンバーは通路側がシートという事になります。

ヘッドホンはイマドキなノイズキャンセリングつき。

シートの背面

読書灯の裏にはお水のペットボトルもセットされておりました。
とても合理的に収納が設計されており使い勝手が良かったです。

物入部分

ケムがいないのでパラソルが旅の連れ。
「ケムは~デュッセルドルフ経由で日本へ帰ったんだよ~」by パラソル🐷

アメニティーはスウェーデンのアンチエイジングのブランド
ヴェルソ~ここの高いのよ~フツーに買うと(*^-^*)

アメニティ内容

モニターも大きいし、広さはもちろん十分です。

シートの足元

エンターテインメントは、ほどほど。
驚いたのは音楽の充実してなさ(@_@)今まで利用した中で一番、音楽ははずれかも?

ギャレーのお菓子など

ギャレーには、それなりなものが用意されておりました。
エコノミーならな~カップ麺、絶対に食べるんだけどな~、ざんねん・・・

とても良かったのは寝具!
スウェーデンのベッドメーカー「Hastens(ヘステンス)」のシートを使用し、羽毛布団も同社のもの。
これが寝心地抜群!
ノイズキャンセリングのヘッドホンと寝具で日本到着直前までぐっすりと寝ました~

寝具

寝心地が良すぎて起きたらもう日本(*_*;

モニターのマップ

オーロラですが現地を15:45発では、まだまだ明るくて見えるはずはありませんよね・・・💦
その位の時間帯でも暗くなる10月以降なら見られる可能性も高いので、
見たい方は進行方向に向かって左の座席を選んでくださいね✌

コペンハーゲン空港での乗り継ぎも便利だし空港内も充実。
機体も綺麗で機能的、セールやエコノミーからの有償アップグレードもできるので、
ゆったりと過ごせたSASのビジネスクラスはかなり高評価となりました~

今回の旅行記も次回の機内食の巻~で最終回となります!