新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

128年続く天ぷらの店「土手の伊勢屋」で天丼を食べる。

f:id:kemu-no-work2020:20200222132941j:plain
土手の伊勢屋外観

ホントなんだ~といつもとは違う商品が並ぶ棚を見て驚いた(@_@)

近くのドラッグストアは歩道に面してトイレットペーパーやティッシュといった
商品を通常は陳列している。
昨日は、そこに洗濯洗剤などが陳列されていた。

コンビニも紙物の棚には数個のティッシュのボックスがあるだけ。

デマだと知りながら購入のためにお店のレジには長い行列だとか。
在庫はあっても、それでも片っ端から買いに走る人々でお店単位では
在庫切れが起こり、それを見て、またまた「あれば買う!」という
現象が起こり・・・結果として品薄状態が続いてしまうという事を
少しは考える事が出来ないのかね・・・(-。-)y-゜゜゜

日本でウオッュレットの普及率はかなり高いのにも関わらず、
なんでこういうことが起こるのだろう?
「紙じゃなければだめ!」という人だって、こういう時には
その機能を使うとさ~

非常事態にいかに冷静に行動するか?が問われているのに、
自らパニックを生み出すとはね~。。。呆れる。。。

そんな状態が続いている、この機に乗じて有名店に行ってみた( *´艸`)

今月中に居住地が米国になってしまうRが日本の味を
食べつくそうと言わんばかりの「アメリカに行くまでにやりたい10の事~」
バージョンの一環に「天丼を食べたい」があった。

こんな時期だし、休日などは大行列で2時間待ちは当たり前という
有名天ぷら屋に行ってきました~

TV,雑誌の常連天ぷら屋「土手の伊勢屋」

伊勢屋は128年も隅田川の昔は土手であった場所でお店を構える天ぷら屋で、
私自身もメディアに取り上げられることが多いので気にはなっていた。

昨年もある番組で広瀬すずちゃんが「美味しい😍」と目を丸くしていたし、
有吉くんの正直さんぽでも「 美味しい😍 」と大絶賛だったので行きたいな~と。
しかし、行列の事を考えると足は向かなかったのだ。

また浅草からも25分くらいは歩き、便利な場所とは言えない、
三ノ輪よりの吉原大門の近くだ。

お店の海老の透かし柄の引き戸。

お店を取り囲むように配置された引き戸は伊勢海老の透かしガラス🎵
いい感じの雰囲気満載だ。


このご時世に乗じて行った結果5,6人だけの行列だった。
20分程度で着席~

古い構えの店内

古い掛け時計もある。

ここの天丼が人気なのは老舗の有名店の割にリーズナブルという点だと思う。
イ、ロ、ハ、の3種類で1,600円から2,600円だ。

イはアナゴの天麩羅はなくロとハはアナゴ天あり、ロとハの違いは
かき揚げがイカか海老かという点だけ。
私はハにしたけれど、500円も違うならロで良かったなと今は思う。

ビールを飲みながら天丼を待つ。

ビールの魚はアナゴの骨のから揚げ。

突き出しに出されたのはアナゴの骨の素揚げ。
これが、まあカリッとしてるのなんのって(@_@)
鰻の骨の素揚げは食べたことはあるけれどアナゴは初めてだ。

天丼が着丼~
イの天丼1,600円。
ボリュームもたっぷりだ。

イの天丼

1本アナゴ付きなので豪華です。

ハの天丼

お味噌汁は別料金なのよ。。。200円也。

タレの甘辛具合は美味しいしご飯も美味しい。
アナゴ天は間違いなくサクッサクで上がり具合は最高 😍

ただ小魚を揚げたものは、お魚どおしがくっついてカリッとしていなかった💦
それと海老のかき揚げはなくても良かったので、やはりロの2,100円で十分だと思った。

お店の方も一部の有名店にある「お店が有名なら店員は偉い」的な勘違いはなく、
気持ちの良い明るい接客だった。
この日は夜になってもお腹が空かなかったわ~

兼ねてから気になっていた有名店を制覇したので満足、満足。。。
Rの赴任まで残り2週間と少し、老舗周りは続く。

http://www.dotenoiseya.jp/

浅草からは都バスや台東区の循環バスを使うと便利だと思います。