新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

可愛いファッションとパリの街が素敵な『エミリー、パリへ行く』10エピソードを2日で見ちゃった。

f:id:kemu-no-work2020:20201012172252j:plain

 

ブログを始めようと思ったきっかけは10年前に行ったパリだった。

それまで旅に出ても、写真は撮りっぱなしで、現像するのも数枚。
旅の思い出のようなものはほったらかし状態。
想い出がゴミ状態にならないようにブログに残すのが最適だと思ったのだ。

ブログには残ったけれどパリの写真が2枚しかない(´;ω;`)ウゥゥ
他にも、旅まるごと行方不明になっている画像も。


当初はCDその後USBに保存していたはずだった。

 

はずだった・・のに探しても思い出が消失したものも多い(@_@)

 

PCを替えたりウインドウズの仕様が変わったり、途中からGoogleで一括管理移行とか

でPC内に保存していた画像がかなり見当たらなくなった。

プリントアウトもしておくのがベターだな~と気がついたのが2,3年前。

 

パリの写真はセーヌのほとりに並んだ黄色いペンギンの

写真と本屋さんの写真1枚しかない💦

プラハから入ったのだけれど、プラハの写真も5枚程度。。。

 

誰が見ても「パリだ💡」という写真は残っていない。

大好きな映画「ビフォーア・サンセット」のロケ地巡りが目的だったので、

それ以外は、あまり写していなかったのか、

エッフェル塔や凱旋門は珍しくないので、そもそも写していない可能性も(*_*;

 

 

第一、写真以外でも思い出の品はお菓子屋さんの箱だけ!

f:id:kemu-no-work2020:20201012182401j:plain

これは海外に行った時に撮影し気に入った画像を現像したものを入れるのに

ちょうど良かったので幸運にも残っているのだ。

 

そんな事を思うのはネットフリックスで10月から始まった『エミリー、パリに行く』

を見たから📺

 

SATCのコンビが手掛けた『Emily in Paris(エミリー、パリに行く)』

何度も見るくらい大好きだったSATC(セックス・アンド・ザ・シティ)

のダレンス・スターが企画、デザイナーのパトリシア・フィールドが
スタイリストを担当。
(パトリシアは「プラダを着た悪魔」のスタイリストでもあります)


主人公は映画「白雪姫」の主役を務めたリリー・コリンズ(企画も担当)

 

SATCで舞台だったニューヨークからパリにかわり、主人公もかなり若返り、

カッコイイ女性というよりは可愛い女の子。

 

名作と言われる古典ミュージカル映画「An American In Paris(パリのアメリカ人)

を意識した原題です。

 

シカゴのマーケティング会社に勤めていたエミリー(リリー・コリンズ)は

パリに転勤予定だった上司の妊娠が発覚し、急遽、
パリに赴任する事になった・・・・フランス語も話せないエミリーだが、

フォロワーが少なかったインスタもフランスに行ってからはどんどん増え

インフルエンサーの仲間入り・・・

 

というようにさすが現代感満載のドラマ。

エミリーが赴任したパリのマーケティング会社は高級ブランドの顧客を

かかえており、こじれてしまったブランドとの関係もエミリーの活躍で

再契約を結ぶことになったりブランドの跡取りや学者、友達のボーイフレンドの

シェフなどもエミリーに惹かれモテモテ💖

というよな単純なドラマです(≧▽≦)

 

 

おそらくLVMHグループが協賛しているんじゃないかな?

LVMHグループはヴィトンをはじめロロピアーナ、ディオールなどなど高級ブランドを

傘下に収めているジャイアント企業です。

 

なので第1話からエミリーはケンゾーのお洋服で登場。

毎回、毎回、どのファッションも可愛くてパリにそんなファッションの女の子

歩いてるか???というような疑問はあるもののドラマの楽しみの一つです。

www.instagram.com

毎回マイクロミニで登場のエミリー。

マーケティング会社の上司の代役を務められるくらいなのに20歳くらいにしか

見えません。

f:id:kemu-no-work2020:20201012224724j:plain

若見えですが劇中で「修士の時に・・・」と言っていたので早くても社会に

出たのは24歳くらい?で、上司の変りも担えるので新入社員ではないですよね?

という事は20代後半という設定???

(エミリー役のリリー・コリンズの実年齢は31歳、若いわ~)

 

もちろんパリの街並みもアメリカのハリボテの様な建物がない( ´艸`)

f:id:kemu-no-work2020:20201012225003j:plain

f:id:kemu-no-work2020:20201012225108j:plain

アメリカとフランスという対極にあるような文化を有する国で起こる

日々のハプニングが楽しく描かれています。

 

アパートの外に出たとたん犬の糞を踏むとか(≧▽≦)

アメリカ人と分かると聞こえないふりをする意地悪なオバチャンに

遭遇するとか(≧▽≦)

アメリカ式ビジネスを絶対に認めないヘビースモーカーの女上司とか。

 

韓国ドラマと違い1話が短いので、1シリーズ10エピソードを

2日で見てしまいました。

 

女性を見ると誘わずにはいられない男性陣も個性的だし、

アメリカに住んでいた経験もある上海出身の実はセレブな

お友達ミンディも大好きなキャラ♪

 

ヘビースモーカーのフランス人上司、イタリアで見かけるタイプだな~と

思っていたら

ローマ出身なのね。16歳からパリ在住らしい。

 

フランス人から見るとワーカーホリックなアメリカ人という事になるのね。

実際にもエリート階級と言われるビジネスマンなどは、日本人が

想像しているよりもアメリカ人はよく働くそうですが。

 

とにかく、パリの風景もエミリーのファッションも可愛くて

楽しく見られます✌

親友の彼(シェフ)と微妙な感じが最終回だったので、

シリーズ2は、わりと早くお目にかかれるのかな?

ロケは昨年11月に行われたそうですが、こんな1年後は想像も

出来ないパリの風景です(´;ω;`)ウゥゥ

 

ちょうどフランスの歴史に興味を持っている昨今・・・

ビザンチンの本を読んでいたら、ヨーロッパの誕生に興味が移行中なので( *´艸`)

 

海外に気楽に行けるようになるには数年かかるらしいので、

パリ旅行気分でも見られるドラマです✈

 

 

 

手作りサイトでカギ編みのひざ掛けを買ったの可愛い~

 

リビングの壁の一部をブルーグレーに塗装したら、アームチェアーに

合うカギ編みのひざ掛けにもなるカバーが欲しくなりECサイトをあれこれ

物色した。

 

白いレースのモチーフを探していて、あまりに綺麗なブルーのひざ掛けを

発見!!!

私のお買い物にしては高額だけれど、自分で編めないし材料費を考えても

妥当かと注文!

 

手元に届きました~

可愛い~😍

かなり大ぶりな作品。

 

f:id:kemu-no-work2020:20201013085056j:plain

綺麗なブルーと立体的な白い薔薇が素敵でしょ???

f:id:kemu-no-work2020:20201013085136j:plain

南欧っぽくて原色のお花ともマッチ。

f:id:kemu-no-work2020:20201013085618j:plain

お嬢に見せたら「オバアチャンのお家にありそう・・・」って(;^_^A

まあ私も立派なオバアチャンなのでぴったりだと思おう。。。

 

こんな根気のいる編み物を出来る人の事、尊敬するわ~