新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

東京で一番美味しいタイ料理店「モンティ」が浅草から吾妻橋に移転!

ここ最近、「プライバシー情報の取り扱いについて」というメールが続々と届いている。 私の場合、色々な航空会社のニュースレター登録をしているので航空会社からが一番多いのだけれど。

これは5月25日に施行された「GDPR(一般データー保護規則)というEU加盟国内で個人データー等を扱う企業などに適応される法律で、日本に住んでいる私に何の関係が⁉って感じですが、このEU圏の法律が世界のスタンダードになっていくのかもね~

Facebook経由での個人データー収集などがEUで問題になりましたが、この様にSNSなどを経由して世界中の個人に関する情報がアメリカに蓄積されていく・・・という現象は今後の社会を考えると恐ろしい事ですもんね。

 

浅草地下街から吾妻橋へモンティがお引越し!

 

さて~個人的にタイに行った事のない私が、東京で一番美味しいと思っているタイ料理店「モンティ」 これはタイ渡航歴のある家族からも「本場に一番近い味!」という狭い範囲でのお墨付き( ´艸`))

 

そのモンティは長い間浅草地下街(おそらく東京で一番古い地下街)で営業していましたが、 この3月に我が吾妻橋に引っ越してきまして、ますます近くなって嬉しい限り💛

 

モンティ外観

 

吾妻橋から浅草に向かう浅草通りにあるのですが、私はしばらく気が付きませんでした。 以前は海鮮居酒屋だった場所で、いつの間にかタイ料理店になっていました。

そのタイ料理店は開店間もないのにすでに外に待っている人まで現れ、これは只者ではないとネットで調べると・・・ なぬ~モンティじゃない!!!💦

日本表記が全く無いのでモンティだと分からなかった・・・

元々モンティがあった浅草地下街も週に1度は通るのに気が付かなかった・・・

さっそく夜に行くと、予約で満席という・・・ で、お昼の1時くらいに行ったらさほど待たずに入店できました~ 以前より広くなったので、そんなに待たなくても良いのね♡

店内にも日本語は一切ありません・・・メニューだけです日本語は。

内装も全てご自分達で作られたそうです(@_@)

パッタイ空芯菜の炒め物、ガッパオを。

このようにありきたりなタイ料理が一番、いかにモンティが美味しいか⁉ を私に教えてくれるのです。

パッタイ

モンティのパッタイとビールとの相性たるやout of words‼ しみじみと旨さが口に広がる・・・

青菜の炒め物にしても、なんだろうな???中華のそれとは違うよね? お醤油の違いか???

空芯菜炒め

ガッパオもモンティの実力が分かる一品です。 ガッパオライスって、どこでもマズくはなりようがないでしょ??? どこのタイ料理店にもあるでしょ? でも「凄く美味しい😍」って事も少ないインパクトのない一品でもありますよね???

ガッパオ

モンティのガッパオはハッキリ言って辛いです!!! どこの日本のタイ料理店より辛いです!!!

しかし食べ進めていくとお肉とバジルなどの滋味豊かな味わいが顔をのぞかせ、 幸せな気分になります😍

ムムム・・・待てよ・・・これは橋を渡ってレベルアップしていないか⁉ プラスチックの椅子も食器も全て新しくなり、清潔感が安心感を生み、味だけを純粋に楽しめるようになったからか???

地下街の時の様に暑すぎて味に集中できない事から解放されたからか??? とにかく、一段と美味しく大満足でお店を後にしました。

モンティのお向かいには愛媛から東京に進出し大人気の元祖塩パンのお店「パンメゾン」があります。

 

以前のパンメゾンのご紹介記事はここからね~

 

Googleの地図はまだ古く以前の場所に記されていますが、この地図上で吾妻橋を渡り、アサヒビールを通り過ぎ、地図では(墨田区役所入り口と記されていますね)の向かい辺り、バッグのマークのある所にあります。