新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

バクテーは続く~「発起人肉骨茶」ともう一軒@ひとつの街でいくつも美味しいシンガポール⑪

漢字表記は「肉骨茶」さて昨年、初めて食べて以来お気に入りのバクテーとは???
豚のスペアリブとたっぷりのニンニクと漢方薬やスパイスと共に煮込んだもの。
シンガポール、マレーシアで肉体労働に従事していた中国の福建省出身の労働者が
豚などのあまりお肉が付いていないスペアリブ部分を安くもらいうけ作ったスープが
バクテーの始まりと言われています。

「茶」と付くのはスープの色がお茶色だったから~
マレーシア起源ともシンガポール起源とも言われていますが「発起人」と
名乗っているので今回行った「発起人肉骨茶」も草分けであることは間違いなさそうです。
英語表記だと「Founder Bak Kut Teh restaurant」

この発起人肉骨茶はラヴェンダーのホテルボス一階の一角にありました~
「天天海南鶏飯」と同じ場所だったんです!
ブギスからはやはりビクトリア・ロードを歩きモスクが見えたらすぐ目の前。

天天海南鶏飯のあるフードコートの反対側でした~

さっそくバクテーと青菜炒め、ライスにお茶を注文~

レシートを確認すると文東記のようにおしぼり代は請求されていなかった('◇')ゞ
シンガポールではバクテー店はおしぼり代がチャージ的な意味合いで請求されるわけではないのね?
バクテーが中サイズで9.80$青菜炒め5.80$ライス1$お茶3.00$しめて税込で23.05$~
まあそこそこ良いお値段ですね~
フードコートじゃないのでしょうがないか・・・
松記肉骨茶の方が少々お安いかな???

お味はこちらは比較的スッキリしていたかな?決してコクが無いという訳ではなく
美味しかったですよ~
お肉にもほんのりこちらの方が味が付いていたし。
やっぱりコショウがピリッと効いて体に滲みる~
このお店も頃合いを見てスープを継ぎ足しに来てくれました~

そしてオーチャードロードの高島屋フードコートにある「亞華肉骨茶」
オーチャードロード周辺はブランド店が立ち並ぶ銀座のような地域です。
ブギスからはMRTダウンタウンニュートンで乗換え南北線のオーチャード下車。

目の前にあるのは「ラッキープラザ」という高級店がひしめくオーチャードにあって
とても庶民的な商業ビル。
特にフィリピンの食材などが充実し在フィリピン人御用達のビルで「リトル・フィリッピン
と呼ばれています。
ラッキープラザ側に渡らずサマセット反対方面にどんどん歩いて行くと高島屋モールがあります。
日本橋高島屋より高級っぽいビルディング~

実は~ある方のブログに有名な「黄亞細肉骨茶餐室」が4階にあると書かれていたもので
いってみたのですが・・・黄亞はこってりしたバクテーだと。
4階にもどこにも上のフロアにはなく地下のフードコートに違うお店があるだけ。。。


それが「亞華肉骨茶」でした。あのシーフードで有名なジャンボの系列だと書かれていました。
そこそこ混んでいるフードコートで誰一人行かないお店・・・
しょうがないので、そこで食べることに。

セットのバクテー8.80$(7%の税込)日本円で700円位?
ここの特徴は普通のバクテーだとスペアリブではなく豚軟骨だった。
それに柔らかくなかった。
スペシャルだとスペアリブ・・・それだと10$はした。
スープはそれなりに美味しかったよ~
基本、バクテーのスープってマズくなりようがないよね???
スープの継ぎ足しは無し!!!
もう1件くらい有名店に行きたかったけれど・・・
そんなに大きく違わないかな~とどこも。
私はチキンライスよりバクテー派です!

 

発起人肉骨茶のバクテーセットがお得な価格で食べられる!

楽天グループの「voyajin」のクーポンを利用すると発起人バクテーのセットが
お得な価格で楽しむことができます。

当日申し込みも可で印刷不要のEチケットなのでぜひ試してみてはいかが?

https://www.govoyagin.com/ja/activities/singapore-bugis-founder-bak-kut-teh-meal-coupon/10742?acode=kemu-no-wakwak