新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

ローカルフード「ラクサ」を食べる@ひとつの街でいくつも美味しいシンガポール⑬

カトン地区にわざわざやって来たのは可愛いショップハウスを見るためとラクサを食べる為。 カトンはマレー系の人々が多くラクサ激戦区なのだ。

ブギスからはMRT東西線で一本のPaya Laber(パヤ・レバ)で下車。しかしそこからは30分ほど歩かなければ可愛いショップハウスの並ぶクーン・セン・ロード(Koon seng Rd.)には辿り着かない。 色々な媒体でカトンのラクサの美味しい店として取り上げられている「マリン・パレード・ラクサまでは更に10分ほど歩いた。

East cast Rd.にあるロキシースクエア(Roxy square)というショピングセンターの 1階にあるという事でしたが・・・ koon seng Rd.からJoo chiat Rd.に出てイーストコースト・ロードに突き当たると

「112カトン・モール」があり、なんとかいうショピングセンターの1階という、うろ覚えの為、無駄にこのモールの1階及び地下のフードコートをうろついてしまった('◇')ゞ このモールからさらに3分ほど歩き、この歩道橋が見える場所に無事にありました~

 

ショッピングセンターの外観の写真はありませんが、手前に新しくオープンしたばかりのキレイなほぼ飲食店専用のモールがあり、そこからすぐです!!! 入り口から入ると1階のすぐで黄色の看板が目立っていました~

実はカトンには、このお店ともう一店有名ラクサ店(328カトンラクサ尚且つ道路を挟んですぐ近く!)があるので看板には50年を超える歴史と最高の家庭の味とうたっておりました~ どちらのお店も「自分のお店が元祖だ!」と言い合っているそうですよ(* ´艸`) 「nonya」とはマレー語で「女性」という意味ですが女性が作る=家庭料理という事でしょう。プラナカン料理をニョニャ料理とも言いますが伝統的なプラナカン料理という意味合いで使われます。

画像でも分かる通り$4.5が小サイズなのでオーダー。 お水やドリンクはお隣のお店で購入。

ラクサとはマレーシアの国民食ですがシンガポールラクサはココナッツミルクがベースのスパイシーで米粉を使った麺を使用しているのが特徴。 本家マレーシアでは地方ごとに特色がありカレー味、チキン味、酸っぱい味などなど 千差万別。 シンガポールラクサはマラッカのラクサに近いようです。

食べ方は辛いペーストが添えられているので少しづつ溶かして食べます。 ココナッツが入っているのでくどいのでは?と思いましたがあっさりしていて 見た目よりも辛かったです。 私はベトナムのブンという米粉の麺だ好きなので、それと同じような食感で 美味しかったです。 海老からのスープもしっかりと感じられました。

ただ個人的な好みでココナッツミルクのスープは、そこまで好きではないのですが ここのは邪魔にならなかったかな? ただもっとコクを求めていたのでショップハウス次いでじゃなければ、来ないかも・・・ ラクサ好きの人にはいいかもね???

さてブギスまで戻るとしましょう~ 近くにある新しいフードコート専用?のビルのエントランスがとても素敵でしたよ。

綺麗な細工を施してある天井!!!木製かな~?日本でも秋田の組子細工が有名ですが同じ文化を感じますね~

あら???道路を挟んでお向かいにベトナム料理のお店発見!!!

緑の外観で「サイゴン」と書いてあります。そのお隣はあの「マンゴー・ツリー」??? カトン地区を歩いていて分かった事はベトナム料理店も非常に多いという事。 ベトナムの方も多いのかもね???

パヤ・レバ駅に戻る途中でベトナム料理店が多い通りを発見し食い意地が張っている私は思わず人気店らしい一番賑わっているお店でフォーを食べる事に!!! 「Long Phung Vietnamese Restaurant」

メニュー

もちろんフォー・ボー牛のほうね!

一番上の写真は同じフォー・ボーですがお野菜の下にお肉が隠れていました~ ここのはお肉が美味しかったね~ベトナムよりも。 やはり化学調味料の味は少し感じますが、まあ美味しいフォーかな? ボリュームも本場よりもありシンガポールにおいてはお得かも。

ムムム・・・なんとなんとこの「Long Phung」というベトナム料理店はかなり 有名店なんだ~ 沢山、ネットで登場していた。私はお昼時をかなり過ぎての入店でしたが、ピーク時には外まで行列が出来ているんだって~ 春巻きが美味しそう・・・ 可愛いショップハウスを見学に行きラクサよりベトナム料理の方が好きという方は是非、行ってみてね!!! Joo chiat Rdをパヤ・レバに戻る途中ショップハウスが可愛いクーン・セン・ロードを 過ぎたあたりにあります。 しかしシンガポールという街はどこにでもホーカーズやフードコートがあるね~ 大小色々・・・この通りにも小さなお店。

外食文化なんだね~

と、ベトナム料理まで食べたので終わりかと思っていたカトン地区の話しは続く事に・・・