新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【大内宿・湯野上温泉】大内宿の雪まつりと温泉でまったり~

昨年(2018年2月)冬の旅行で、行きは鬼怒川温泉駅からコタツでまったりできる
「湯めぐり号」というトロッコ電車で大内宿のある湯野上温泉まで行き、とても楽しかったし、
民宿もとても良かったので、今年も絶対、冬の大内宿&湯野上温泉に行きたいと考えていました。

2月の連休を利用して今年も行ってまいりました~
宿は昨年に予約済で電車の予約は1か月前の売り出し日から8日ほど過ぎた日。
驚いたわ~直通電車はほぼ売り切れ(@_@)

よ~くよく考えると昨年は3連休にはかからない、金土という週末を利用したので、
余裕の指定ゲット~だったわけで、やはり3連休は売り出し当日でなければ厳しいのね~💦
ロッコに乗りたいとかなんとか言っている場合ではなく、とにかく湯野上温泉までの
交通手段を確保するだけで精一杯って感じになってしまいました。

湯野上温泉までは浅草から会津田島まで特急リバティで行き、会津田島から湯野上温泉まで
各駅に乗り換えて3時間10分という行程です。
帰りは、その直通も取れなかったので、もっともっと時間がかかりました🚅

行きも希望する時間帯は取れず早朝6時30分発の電車で向かう事になりました。

特急リバティの車内

昨年の「トロッコ列車湯めぐり号」の記事はこちらで~

https://kemu-no-wakwak.work/2018/03/04/post-997/

 

囲炉裏と茅葺屋根が素敵な湯野上温泉駅の記事はこちら~

https://kemu-no-wakwak.work/2018/03/05/post-1011/

大内宿は雪まつりだった~⛄

2月の雪の季節ということで連休に予約しましたが、2月9日10日と大内宿は雪まつりだったのですね~
3連休で、そのような行事も重なれば電車も満席。
特急リバティ会津は車内販売が無いので、乗車前にセブンでドリンクとサンドウィッチを仕入れて
乗り込みました。

雪まつりで良かったのは冬期の間、大内宿までは湯野上温泉からタクシーしか
行く方法はありませんが、臨時バスが運行していたので便利と思ったら・・・
高いのね~運賃が(@_@)
往復で1000円!
これ、複数名ならタクシーでもあまり変わらなかった・・・

やはり連休なので昨年よりも人が多かったです。
車内で留守の夫からLINEが入り「大内宿がTVに出てる!生放送。大雪だぞ」という内容。
大雪~😍
雪景色を見るために会津までやって来たのに、家を出る時には
東京も雪がちらついていた為、若干、雪の有難さが失われていた。

しかし大雪~😍来たかいがあったわ~
と・・・あれ???昨年より雪が少ない・・・湯野上温泉駅に到着した時から
うすうす気づいていたけれど、大雪では無かった(;'∀')

人がいないように見えるでしょ?いないところを狙って写したわけで。
実際は、多くの観光客、春節の為、中国からの方も多かったですよ~

大内宿に来る楽しみは会津そば・・・一本ネギで食べる高遠蕎麦の名店「三澤屋」でお蕎麦を
食べる事🎵
早朝の6時台に家を出る事になると思っていなかったので、事前にネットから三澤屋に1:30分で
予約していたので、時間つぶし。3年前に来てファンになった「茶房やまだ屋」さんに
行きました~

スコーンのジャムは枝豆のジャムもあり、枝豆そのもの。

シフォンケーキはエゴマ味を選びました。この辺りはエゴマ製品が多く昔からエゴマの産地だったのかしら?

もちろんコーヒーも美味しいしおすすめです。
中国の観光客の方も、次から次といらして有名なのかな~???

http://ouchijyuku.com/

やまだ屋さんは次から次へと人が来ては満席で帰って行ったので、長居は申し訳なく、
そうそうと退出。
高倉天皇をお祀りしている高倉神社にお参りに行く事に。

こんな雪原を歩きます。遠くに鳥居が見えております。
宮沢賢治の「雪渡り」の世界ですね~

雪の中、けっこうお参りの方もいらっしゃいました。

小高い所にある本殿。

本殿裏にある樹齢800年のご神木の杉。

大内宿は雪まつり初日だったのですが、午後1時からで、大内宿自体は狭いエリアなので、
見るべきところは直ぐに見終えます(;^_^A
雪まつりも、特別に何かが~というわけでもなく、肉汁や甘酒の振る舞い。
有志によるよさこいソーラン的な演舞?
町のお偉いさんなどなどの次から次のご挨拶、夜は花火、翌日は蕎麦大食い大会くらいでした。

御参りもすぐ終わり寒くなってきたので、予約の時間まで同じ三澤屋さんが
経営している三澤屋茶屋に。

揚げモチが美味しかった~お味噌が美味しいのね。
なんと1個50円というリーズナブルさ!ネギそばも、ここなら580円でした。
本店は1400円位?お味同じなのかな~

どぶろく?も~

ようやく時間になりお隣の三澤屋に移動~待ち時間が2時間とか言われてました(@_@)
予約しておいてよかった~
三澤屋のお楽しみは、お酒を頼むたびに追加される田舎のお惣菜やお漬物。

鮎の甘露煮、大根と会津のお麩の炊き合わせ、柿と大根の漬物。

そして名物、一本ネギの高遠そば。やっぱり美味しいわ~😍

昨年食べて美味しかった栃餅も~柔らか~美味しい~
粟餅のように柔らかフワフワなの。

初めて2階に通された。ちょうど屋根裏部屋のようになっていて、お隣のお父さん、
梁に頭ぶつけてました( *´艸`)
オコタでまったりほろ酔い気分で最高だったな~
しかし、短時間でちょこちょこ食いしているので、お腹が張り裂けそうだった・・・
別注した郷土料理の山椒ニシン、食べきれないので夜に民宿で食べる事に。

「こんな所にお祖父ちゃん、おばあちゃんの家があると良いね~」と意見が一致。
大根を干している風景が和みます。

昨年の「三澤屋」の記事はこちらで~

https://kemu-no-wakwak.work/2018/03/06/post-1023/

お蕎麦を堪能し、外に出るとお祭りが始まっていました。
お腹が張り裂けそうなのに肉汁をもらいましたが、お肉たっぷりで驚きました~(@_@)

なにやら訳の分からないゆるキャラ???

十分に大内宿を堪能したので、早く湯野上温泉に戻って温泉、温泉🎵