新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【大内宿・湯野上温泉鉄道編】猫の駅から各駅停車も楽しい~牛乳屋食堂はもちろん!

3連休で思う様な電車の予約ができず、帰りの指定は鬼怒川温泉駅からになってしまいました。
一番楽な方法は会津田島から浅草まで直通特急の「リバティ会津」に乗る事です。
このリバティ会津は一日4往復の上、3両編成なので3週間前の予約は無理でした('◇')ゞ

なので鬼怒川温泉までは各駅停車を乗り継いで行く事になりましたが、
それはそれで、途中駅で降りたりと楽しみもありました~

鬼怒川温泉駅からは「特急きぬ138号」浅草行き15:43分発なので、
その時間に間に合うように、各駅停車の旅を楽しみました~🚅

東武鉄道会津方面までネットで特急予約も出来ます!

往復の特急券は浅草⇒会津田島2,110円、鬼怒川温泉⇒浅草は1,440円で、
乗車券は鬼怒川温泉エリアから湯野上温泉駅から3駅会津若松方面の
芦ノ牧温泉まで乗り降り自由という東武フリーパスが6,790円でした。

現在は東武鉄道もインターネットで会津方面まで特急券も買えるのですね(@_@)
東武鉄道の窓口では現金しか使えなくて不便だったのよ~
わざわざ窓口に行かなくても、売り出し日にネットで買えばよかった。
会員登録なしで購入できるそうです。(もちろんチケットレスね!)

https://www.tobu.jp/toubu_guest/do/sp/guest/NMG01

特急リバティ会津

猫の駅長がいる駅「芦ノ牧温泉駅」で下車して牛乳屋食堂へ~

10時にチェックアウトして駅まで送ってもらい、芦ノ牧温泉駅からすぐの会津ラーメンといえば
「牛乳屋食堂」といわれるほどの人気店に行く事にしました。

フリー切符なので乗り降り自由なのです。
湯野上温泉駅から会津方面行きの各駅停車に乗車。

これが、なかなかの混み具合でした~(@_@)
2両しかないし、会津若松会津田島間の会津鉄道は連休は混むのかもしれません。
中国人観光客がやはり多く、線路内に立ち入って写真をパシャパシャとっております。
団体で(;'∀')

真っ白な雪の中、やってきた会津鉄道の赤が目立ちますね~


湯野上温泉」の次が「芦ノ牧温泉南」なので次かと思うでしょ?すると次は
「大川ダム公園」という駅になり、次が目的地「芦ノ牧温泉駅」です。

芦ノ牧温泉駅は猫の駅長がいる事で人気の駅です。
歴代駅長の写真も飾られております(*^-^*)

芦ノ牧温泉駅、待合室


芦ノ牧温泉駅、待合室

以前、この駅に立ち寄った時の駅長さんはお亡くなりになり、新しい猫駅長さんは
お昼寝中とかで、不在でした~
猫グッズとかハートとか可愛らしい待合室ですね。

「牛乳屋食堂」は駅から徒歩5分程度で、11時開店なので開店まで少々待ちました。

以前は夏だったのでかなりの人が並んで待っていましたが、さすがに10人にも満たなかったです。
店内はかなり広く、2階もあるので余裕で開店直後に入る事が出来ました。
鬼怒川温泉に3時位に到着するには12時03分の電車に乗らなければならず、
(その1時間後に1本、快速がありますが、会津田島でお土産を買う為には他に選択肢無し!)
1巡目での入店が必須でした。

開店まではお向かいの牛乳屋食堂ショップ内で待つ事ができ、寒くありませんでした。
待っている間に、牛乳屋食堂の名物店主による、会津ラーメンのレクチャーがあります( ´艸`)

牛乳屋食堂お土産ショップ兼待合室

季節限定の塩ラーメンやミルク味噌ラーメンなども食べてみましたが、
やはりお醤油味の会津ラーメンが一番美味しいですね~😎

ラーメンも食べる事ができ、満足して今度は会津田島に向かいました。
乗車時間は40分程度です。
会津鉄道普通列車は2両編成で1両は会津マウントエクスプレスの綺麗な車両で、もう1両は
素朴な車両(≧▽≦)

AIZUマウントエクスプレス会津鉄道各駅車内

上に写真では空いているように見えますが、会津若松方面からの乗客で満席・・・
座席が変な作りで、途中でその変な1席が空き座れました。

写真では、わかりにくいですが、1席のみの座席の窓側には柱があるのです(@_@)
電車で柱があるって見た事がありません!
柱の奥に折り畳み式のテーブルがあるのです。

向かい合っての3人席は、ぜったいに大人なら2人しか座れない座席も有り、
不思議な設計だわ~
向かい合っている3人席・・・上の写真の状態で、前の2席が1席の方向に
回転した状態を思い浮かべてください。
向かい合っている2席は、ぜったいにシートの上に正座しなければ、座れません*1

などと考えているうちに会津田島に到着~
会津田島からは野岩鉄道新藤原駅鬼怒川温泉駅行きに連絡します。
1時間20分程度。

新藤原行きまで1時間弱待ち時間があるので、「国権酒造」という
日本酒品評会において福島で一番多くの金賞に輝く日本酒を造っている酒蔵さんに
行きました。

会津田島駅から10分程度の所にあり、見学もできるそうですが、試飲だけして
数本購入。
国権さんの女性の方が美人なのにとても面白い方で、楽しく試飲させて頂きました~

会津田島に怖いキャラが・・・これいたるところで見たけど・・・

これなんなんでしょ???

いよいよ新藤原を経て最後の乗り継ぎ地点「鬼怒川温泉駅」に向かいます🚅
この路線の普通電車はガッラガラ・・・

2両に片手の指分の乗客。飲み鉄用に購入した日本酒とおつまみを
ゆっくり味わえました~
それにしても座席の下から出てくる暖房が熱い・・とても熱い。

鬼怒川温泉でも浅草行きの特急まで時間があり、あちこちとお土産屋さんを
のぞきましたが、お目当ての大好きな赤飯饅頭がどこにもない(@_@)
赤飯饅頭の定位置だったところには湯葉饅頭が~(@_@)
がっかり・・・ほんとがっかり・・・

浅草までの特急きぬはまたまた満席!
「きぬ」には売店があり生ビールもあるので楽しみにしていましたが、
売り切れだと(@_@)

15時台の電車で浅草までは2時間もあるのに売り切れって~💦
どれだけ仕入れ予測、間違ってるんだって話しヽ(`Д´)ノプンプン
でも鬼怒川温泉駅で購入した焼肉弁当がお肉もご飯も美味しかったので
赦しました(≧▽≦)

芦ノ牧温泉駅を出てからトータル5時間もかけて浅草に戻りましたが、
各駅停車の電車でゆっくりと飲み鉄になりながらの旅も良いものです。

2年続けて湯野上温泉、大内宿を堪能したので来年はもういいかな・・・(;^_^A

*1:+_+