新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【ロンドン観光編】バッキンガム宮殿の衛兵交代式はウエリントン兵舎前で!@初秋の英国旅行

昨年(2017年)の秋に行ったロンドン・バース・オックスフォード旅行記をボチボチ綴っております。

英国といえば黒いフワフワの長い帽子を被り赤い制服をまとった兵隊さんというイメージですよね? そんな兵隊さんが見られるバッキンガム宮殿の「衛兵交代式」に行きたいという方も多いのではないでしょうか。

「初秋の英国旅行記」第2回目は人混みに押しつぶされる事も無く存分に衛兵交代式が見られる ポイントのご紹介です。

2014年のロンドン観光でもチャレンジしたのですが、満足に見られませんでした~(´;ω;`)ウゥゥ

バッキンガム宮殿正門前に陣取ってしまったので、人の頭しか見えません・・・ この写真はカメラの目だけが見たもので私は見えませんでした・・・

音楽隊も通りましたが、隙間からようやく見えて頑張って撮った写真はこの通り。 僅かに赤いジャケットが判別できる程度('◇')ゞ

その反省をもとに昨年はウエリントン兵舎近辺で見学しましたが、これは正解でした~ ブログTOP画像は、その時に撮ったものですがバッチリでしょ⁉

 

バッキンガム宮殿の最寄り駅と確認すべき事など。

 

ハッキリ言ってバッキンガム宮殿はどの駅からも遠いです(;'∀') 夏の暑い時期は、喉がカラカラになります。 ドリンク類は忘れずに携帯してくださいね~

🚇ビクトリア駅からでも15分程度はかかります。

ビクトリア駅は鉄道や地下鉄サークル・ライン、ビクトリア・ライン、ディスクトリクト・ラインなどが通っています。
🚇セントジェームス・パーク駅から慣れている方で10分程度でしょうか。
セントジェームス・パーク駅は地下鉄サークル・ライン、ディスクトリクト・ラインが通っています。
私はメイフェアに滞在していたのでグリーンパーク内を横断しました。これも早歩きで10分以上かかります。 🚇メイフェアの最寄り駅はグリーンパーク駅です。
グリーンパーク駅は地下鉄ジュビリー・ライン、ピカデリー・ライン、ビクトリア・ラインが通っています。
ウエリントン兵舎に直接行く場合はセントジェームス・パーク駅が一番便利です。 迷わなければ・・・5分程度でしょう。
下の写真の右(黄色いモニュメント近辺)はグリーンパーク駅です。この裏手がグリーンパークになっておりバッキンガム宮殿と隣接しています。
グリーンパーク駅
交代式が始まる30分前にはバッキンガム宮殿前に到着しました。 すでにベストポジションを求める人で溢れております。
左手の金の像はビクトリア女王記念堂で右手がバッキンガム宮殿の正門です。
バッキンガム宮殿前
前回の反省があるので正門前はスルーしてウエリントン兵舎方向に進みました。
バッキンガム宮殿正門に集まる人々

衛兵交代式とは?

バッキンガム宮殿とセントジェームス宮殿の護衛を終えたガード(衛兵)と新しく護衛に当たるガードの交代式です。任務終了のガードをオールド・ガード、これから任務に就くガードをニュー・ガードといいます。 交代式の間はバンドによる演奏があります。

交代式はバッキンガム宮殿前庭で11:30分頃から行われます(冬期については公式サイトで確認してください)

オールド・ガード、ニュー・ガードの出発地、到着地いづれもウエリントン兵舎(Wellington Barracks)なのです。

交代式だけではありません。衛兵、騎兵の行進も楽しむのです!

 

バッキンガム宮殿前庭で行われる交代式は基本11時30分時からですが、見どころである入退場の行進は 11時前から始まります。

🎺スタートはウエリントン兵舎から鼓笛隊がセントジェームス宮殿に向かって行進。

鼓笛隊がバッキンガムへ

🎺それからしばらくしてバッキンガム宮殿前庭にオールド・ガードが現れる!

🎺ウエリントン兵舎からニュー・ガードがバッキンガム宮殿に向かって行進!

 

🎺ついにバッキンガム宮殿での交代式が始まる。(この間バッキンガム、セントジェームスの衛兵の出入りがちょこちょことあります)これが11:30分頃からです。

🎺交代式から30分後くらいにオールド・ガードがバンドに先導されウエリントン兵舎に戻り、ニュー・ガードがやはりバンドに先導されセントジェームス宮殿に向けて行進。

オールド・ガードがウエリントン兵舎に戻る

🎺鼓笛隊だけがウエリントン兵舎に戻り全て終了!

スタートから終わりまで見学すると2時間弱になります。

騎兵隊も遠目ですがかすかに見られましたよ~

 

 

衛兵交代式のスケジュールを事前に確認しましょう~

 

衛兵交代式は夏期(3月~8月)と冬期(9月~2月)ではスケジュールが違います。 2017年からは治安対策強化で観光シーズンである夏期でもバッキンガム宮殿は隔日、冬期は隔日でしたが曜日固定で時間も早くなりました。 公式サイトで、開催日をしっかり確認してくださいね~

上記のような衛兵交代の流れなので、全て見るとなるとかなりの時間がかかります。 何を中心に見学するかをしっかり把握して、貴重な観光時間を無駄にしないようにした方が良いと思います。

衛兵交代式の細かなスケジュールはここから飛んでくださいね~(英国軍の公式サイトに飛びます)

衛兵交代式のベストポジション考察

 

公式サイトからお借りした衛兵行進ルートです。 (上にあるGoogleマップと合わせてご確認ください)

真ん中の上あたりがセントジェームス宮殿、左下がバッキンガム宮殿、右下がウエリントン兵舎です。

衛兵行進ルート

 

下記の写真の様にバッキンガム宮殿前近辺は、人混みで溢れかえっております。 ビクトリア記念堂の塔の下にも人がびっしり・・・ ここはバッキンガム宮殿の真正面で高い位置からとなりますが、見えるのでしょうか??? (ウエリントン兵舎近辺から記念堂方面を見たところ)

ビクトリア記念堂方面

ビクトリア記念堂方面

私はウエリントン兵舎付近のスプール・ロードで見ました~

それに比べて、ウエリントン兵舎に近づくほど、人はスカスカです。

バッキンガム宮殿とウエリントン兵舎に続く道路(スプール・ロード)はニュー・ガード、 オールド・ガード、鼓笛隊が見られます。

人もそれほど多くはありませんので穴場だと思います。 昨年、行った時には、日本人ツアーの方々が添乗員さんと共に陣取っていましたので、 お薦めのビューポイントなんだと思います。

このブログで使っている衛兵が写っている写真は全て、ここで撮りました。

ただし、バッキンガム宮殿前庭で行われる衛兵交代式は見えません!

仮に次に行くとしたらザ・マル通りあたりで見るかもね?

 

これも上記のマップを確認してほしいのですがバッキンガム宮殿からトラファルガー広場まで繋がっている 大通りがザ・マルです。

セントジェームス宮殿の前に当たり、ニュー・ガード、オールド・ガード両方のルートです。 それにセントラルパーク方面からやってくる騎馬隊も、ここならハッキリ見えるんじゃないかな~

ここもバッキンガム宮殿前庭で行われる衛兵交代式は見えません!

 

それでもバッキンガム宮殿の交代式が見たいという方へ。

 

バンド演奏付きの交代式が見たいという方は、遅くとも交代式が始まる1時間半前には陣取ってください。 1列目でなければ、しっかり見る事は難しいでしょう。

しかし交代式がしっかり見られるという事は、衛兵の行進は見られません😞 前に陣取れば、陣取るほど、行進を見るために振り返ると、人の頭しか見えないでしょう。 なので、できれば身長が2mくらいの方にお勧めです( ´艸`)

また式が終わり駅に向かう事が困難になります。 誘導する警備も多く、あの人混みですから思うように進みません。 野外ライブに行った時の様な心構えがある方だけ衛兵交代式をお楽しみください~

 

https://kemu-no-wakwak.work/2018/07/27/%E6%97%A9%E6%9C%9D%E3%83%95%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88%E3%81%A7%E5%AE%89%E5%BF%83%E3%81%AA%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%80%8C%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD/