新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

ナポリ帰りから聞いたプローチダ島、そしてオサレ男子はナポリへ~って話

f:id:kemu-no-work2020:20200304183650j:plain
プローチダ島の風景Y’sクロニクル

今年ヴェネツィアに行って一番印象に残った事は車いすの観光客(?)も多かった事。

人気観光地の混雑ぶりって半端ないですから~
ヴァポレット乗り場も駅によっては混雑半端ないですから~
おまけにヴェネツィアの通りは狭い所も多く、もちろん石畳で
運河とも呼べない水路が入り組み、大小の橋もいくつも架かり・・・

四肢に障害のある方、お年寄り、ベビーカーを利用する方に
決して優しい街ではないのです。

東京だと混雑する観光地、イベントなどに車いす利用の方は行きたくても、
人混みや足場などを考えると躊躇するんじゃない?
車いす利用の方に遭遇するのは稀だもの。

なのに悪条件揃いの観光地、ヴェネツィア車いすだけではなく、
障害のある方やお年寄り(ヨボヨボ~って感じのね)の観光客の
比率は高いワケよ・・・東京と比べると断然ね。

ヴァポレットは乗り場に泊ると、船から降りて素早くロープを係留ビットに
巻きつける人、荷物などを整理する人などの乗務員が2人くらい出入り口に
立っている。

で、車いすやベビーカー利用者が乗下船する時に素早く、その補助もする。
その一連の動作が実にスムーズで、なおかつ楽しそうに補助をし、
ひと言ふた言これまた楽しそうに話しかけている。

立っている時は船乗りって感じで少々いかついのに、
そのギャップに驚き、あまりに自然な動作で尊敬の念まで湧いてくる(@_@)

日本のニュースで、バスが車いすを理由に乗車させなかったとかってきいた。
都バスや電車でも車いすの補助の場面に遭遇する事がある。
そのような場合、乗客は息をのむように、その時間をやり過ごす。

駅員の顔には緊張感すら漂っている。
特別感が乗客にも車いす利用者にも駅員にも感じられるのだ。

なのにヴェネツィアで、あの混雑で、その動作は特別感も何もなく、
自然に行われ、自然に出発するのだった。
あの空気感なら障害があったり、ベビーカーであったりしても
その場へ出かける事の躊躇はないだろうな~と思った。

日本は交通機関の遅れもほとんどなく、わずかに遅れた場合は「ご迷惑おかけします」の
連呼で乗客もそれに慣れて素晴らしいと言えば素晴らしいけれど、
イタリアのように遅れは当たり前といういい加減さ=良い加減さが
人間の心の余裕を生むんだろうな~とも思うんだな~

そのイタリアの話しです今回も。

ナポリは怖い???

お嬢がローマとナポリ旅行に行き、先週、帰ってきた。
ナポリに行くと聞いた時「え~ナポリって汚くて治安が悪いらしいじゃないの」と
お嬢に言った。

ローマより南に行きたかったらしいのだ。
ネットでナポリを調べると汚いとか治安が悪いという情報が溢れていて
特に街の中心地近辺や駅近辺は汚く危ないと(*_*)
私自身は少々びびっている街がナポリなのだった。

その話をイタリア先輩にすると「ナポリ良い街よ」と言った。
あの時代を作った歴史あるナポリ王国だものね~
ただの危険な街だけじゃないよな~と考えた。

お嬢が実際に行ったナポリの印象は、もちろんその様な地区もあるけれど、
高級住宅街や高級ショッピング街もあり、港周辺もとても素敵で
全て徒歩で周っても危険を感じる様な街ではなかったし、
夏にまた行ってみたいな~という事だった。

やっぱり、ネット情報だけを鵜呑みにすると経験を狭めるんだな~と
思いました・・・

見せてもらった写真が素敵なのでご紹介~

ローマからナポリまでフレッチャロッサで1時間。

ナポリ駅とフレッチャロッサ

TVで見る様なナポリの漁港だわ~平和そう・・・

フェリーターミナル近くの漁港

船とかもめ

ナポリにはいくつか丘があり、どの丘もビュースポットになっているらしい。
ガイドブックにも詳しく紹介が無く歩いて登ったらしいけれど・・・

ケーブルカー

丘に登るケーブルカーが何か所にも設置されていたんだって~
これからナポリに行く方はぜひケーブルカーを利用してくださいね~

よほど危なそうなところでなければ、夜でも人がいっぱい溢れていて、
街歩きも危険は感じなかったって。

トレド通りの銅像

ナポリのショッピング通りトレビ通りの銅像

人気ピザ店の人だかり

人気のピザ屋さんは、ご覧の通りのひとだかり。
ナポリの良いところはローマなどと比べると食事もとても安く、
ピザなどは1枚4ユーロくらいで、とっても美味しいそうです。
水牛のチーズがとっても美味しいと。

フェリーで40分で着く可愛いプローチダ島!

ナポリのフェリー乗り場から数社がプローチダ島まで行き、とても便が良いのだそうです。

フェリー

お嬢が行く前にNHKの「世界はほしいモノにあふれている」でプローチダ島が紹介され、
行く事になったみたいよ。

プローチダ島の風景

特にコッリチェッラというギリシャ語の「美しい村」という意味の海岸の
景色が有名らしくテッラ・ムラータとう展望台から見た景色が絶景!
港から徒歩20分で行けるそうです。

プローチダ島

番組で紹介されていたお店はお休みで、違うお店に入ったけれど、
タコやイワシが美味しんだって~😍
ナポリもグリルしたお野菜がとっても美味しく南だな~

シーフードの盛り合わせ

ナポリからも頑張ればローマからも日帰りでこんな可愛らしい島に行けるなんて
行きたくなっちゃった。

そして、そしてナポリと聞いて色めき立ったのはウチの不肖の息子Rと、
イタリア先輩の夫T。
イタリアンブランド好きならナポリはお買い物天国💖

お買い物のミッションを与えられたお嬢曰く、ナポリのメンズショップは
半端なく多いとの事。
な~るほどね~
それらが日本に入ってくると3倍近くの価格で売られている(*_*)
バーニーズ行っても高いもんね~

R用のカシミアのマフラー、150ユーロだったらしいけれど、
めちゃくちゃ良いカシミアだった(@_@)

ファッションも食も楽しく、ナポリといえばカプリ島って感じだったけれど、
カプリのような超高級リゾートでなくても、可愛らしい島も楽々アクセスで
行けてわたしの中で評価急上昇のナポリでした~

因みにナポリ、ローマの11月、12月は東京くらいの寒さらしいです。
南なのに意外(@_@)