新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

【バース宿編2】陽光の中でタスバーグハウスの朝食~その前にお散歩@初秋の英国旅行

2017年の9月に行ったロンドン、バース、オックスフォードの旅行記をぼちぼちと 綴っております~✈

今回はバースで宿泊したクラシックなブティックホテル「タスバーグハウス」で迎えた 朝の模様を書きたいと思います。

日本でも海外でも朝食だいすき人間ですが、やはり英国の朝食タイムは特別な 期待があります🎶

そして欠かせないのが朝食前のお散歩(⋈◍>◡<◍)。✧♡ もちろんバースの街はずれにあるタスバーグホテルでもお散歩いたしました~

バースの市街地を一望、ホテルのお庭♪

お家以外で朝食をとる時は、いつもお散歩、お散歩~ エイヴォン川まで続いているキャナル目指してホテルのお庭をお散歩しました。 そのキャナル沿いに歩けばバース中心部間で30分も歩かないわよと ホテルのオーナーは言っていたけれどほんとかな?

朝は霧に一帯が包まれておりました~ ひんやりした空気が気持ちよいです。

ギリシャ風?ローマ風のお池も素敵💖

どんどん川に向かって降りて行きます。 朝露で芝が濡れていてブーツがぐしょぐしょになってしまいました~(´;ω;`)ウゥゥ バースの朝を舐めていた・・・

おりんごも色づき始めておりました~

バース市街が一望できます💖

中世から海運の重要ルートだったキャナルまで下りてきました。 エイボン川を経てブリストルやロンドンまで続いています。昔は石炭運搬のルートでした。

朝露がブーツを通って足までぐちょぐちょなので、そろそろお部屋に戻って お楽しみの朝食に向かいます。

フルイングリッシュ・ブレックファストで満足🎶

 

朝食は8時半からと遅めに始まります。ブッフェの朝食はダイニングで。

ネイビーとホワイトが基調のセッティングが清潔な印象ですね💖

半テラス状態のレストラン部分。

こちらの眺めの良いテーブルで食べました~

お部屋料金にはコンチネンタル式の朝食ブッフェがついています。

ジャムの小瓶の見せ方も可愛いですね~💖

コンチネンタルはこんな感じ~ やっぱりバターが美味しいよね~

トーストはもちろんブラウンかホワイトのパンをトーストホルダーで持って来てくれますよ。

英国に来たのだから別料金でフルイングリッシュ・ブレックファストを食べました~ コンチネンタルのブッフェとフルイングリッシュ・ブレックファストで10ポンド程度です。 盛り付けがモダンな感じですね♪

ブッフェから手作りヨーグルトも~

こんな朝を楽しむために英国に来たと言っても過言ではありません( *´艸`)

タスバーグハウスのサイトはこちら~

https://tasburghhouse.co.uk/

トリップアドバイザーの情報はこちら~

タスバーグハウスの詳しい情報、料金などはこちらで~

https://kemu-no-wakwak.work/2018/11/14/%E3%80%90%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E5%AE%BF%E7%B7%A8%E3%80%91%E3%83%9B%E3%83%86%E3%83%AB%E3%81%AF%E3%81%8A%E5%B1%8B%E6%95%B7%E3%81%AE%E6%A7%98%E3%81%AA%E3%82%BF%E3%82%B9%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0/