新Y’sクロニクル

下町在住、三丁目の夕日時代に生まれた主婦が海外旅行を中心に美味しいものなどの情報共有そしてプロゴルファー松山英樹の応援も!

イノシシのお寺と我が家の元旦

新年あけましておめでとうございます。
穏やかな新年を迎えた東京🗼
とても暖かく、昨日の初詣の行列も全く寒さを感じる事がありませんでした。

その前日・・・大晦日に例年は足を踏み入れないアメ横に雑踏ぶりを
わざわざ体感しようと行ってまいりました~
アメ横には「摩利支天」があるので、2019年は亥年にあたりお参りしておこうと。

下谷の摩利支天「徳大寺」

猪のお寺があると知ったのは数年前に行った京都で。

摩利支天(まりしてん)とは仏教を守護する神様。
神様には善神と悪い神もいるらしく全ての善神の中で摩利支天は最上位の守護神。

摩利支天は一切の災厄から逃れ勝利の功徳を得る力があるので、中世以降、武士階級の
守護神でした。

その摩利支天を守護神としていた武将は豪華キャスト~

楠木正成足利尊氏からはじまり徳川家康までと大人気の神様です。

アメ横にある下谷摩利支天「徳大寺」

日本三大摩利支天とは金沢の宝仙寺、京都の建仁寺、そしてアメ横の徳大寺です。
アメ横下谷)の徳大寺は聖徳太子作とされる摩利支天像を祀っています。

摩利支天は実態がない太陽や月の陽光で、イノシシに乗って現れるそうです。

アメ横はいつも賑わっていますが、ここに日本三大摩利支天があると
知っている方は少ないのではないでしょうか?

とにかく、めちゃくちゃ善の力がある神様らしいので、アメ横にいらした時に
お参りしてみてください~

今年も無事にお節完了~

例年は自分で作ったお節と市販のお節を用意しますが、
あまりにも内容が被り過ぎるので、今年からは自家製だけにいたしました~

お節は作るのも大変ですが、詰めるのがまた一苦労・・・
時間がかかりました。

全て詰めて、家族もリビングに現れ始め新年恒例のお雑煮朝食~

苦労して詰めたお節~

仮のボディのケムも食べたよ~

夜の部に出すお造りの盛り合わせは豊洲市場で購入したものですが、
しめ鯖は10日ほど前にお魚屋さんで形の良い鯖を購入し、冷凍しておいたものです。

NHKアニサキス対策として冷凍庫で冷凍4日ルールを守り作ってみました。
冷凍して味が落ちないかな?と心配でしたが、昨年末に鯖寿司をそれで作り、
美味しかったので、半身を残しておいたのです。

薄皮を向いたら下の皮まで向けちゃった💦

今の時期の鯖は脂がのって美味しいですね~😍

4日ルールで作った鯖寿司も美味しかったですが、10日以上冷凍した
鯖で作ったしめ鯖も美味しかったですよ~💖

あさイチでみた作り方は鯖をおろして塩をし、洗い流して冷凍し、自然解凍して
お酢につけます。

これだと、良い鯖をみつけたら冷凍保存しておけば、いつでも美味しい
しめ鯖や鯖寿司が食べられますね。

さて~お節を食べて氏神様である牛島神社に初詣。

干支のおみくじを買いました~
ちょっと可愛いでしょ?

巳、辰、亥です。

おみくじは「末吉」という実に微妙な結果💦
しかしながら「ようやく夜が明ける」とあるので良しとしましょう!!!
というわけで、今年もよろしくお願いいたしますm(__)m